無料ブログはココログ

« 江戸川乱歩「暗黒星」 | トップページ | 高橋克彦「大好きな姉」 »

家村和幸監修『戦略・戦術で解き明かす 真実の「日本戦史」』宝島社

 戦略・戦術の視点から日本の戦争史を読み解いたもの。
 例えば本能寺の変(P113-119)では明智光秀の戦術ミス(例:織田信忠のいる妙覚寺に兵を配置していなかった)から、謀反は「計画性のない、発作的なもの」という説を支持しています。
 誰それが実は黒幕だったという説よりはつまらないせいか、大抵の歴史小説でこの説は採用されていないのですが、本能寺の変以後の明智光秀の生彩の無さを考えると、この説もあながち否定できないような気がします。

真実の「日本戦史」戦国武将編 (宝島SUGOI文庫) Book 真実の「日本戦史」戦国武将編 (宝島SUGOI文庫)

著者:家村 和幸
販売元:宝島社
発売日:2010/12/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 江戸川乱歩「暗黒星」 | トップページ | 高橋克彦「大好きな姉」 »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/42475391

この記事へのトラックバック一覧です: 家村和幸監修『戦略・戦術で解き明かす 真実の「日本戦史」』宝島社:

« 江戸川乱歩「暗黒星」 | トップページ | 高橋克彦「大好きな姉」 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31