無料ブログはココログ

« 江戸川乱歩「三角館の恐怖」 | トップページ | アドルフ・ヒトラー『わが闘争(下)』角川書店(8) »

江戸川乱歩「断崖」

あらすじ…男と女が崖の上で、一年前の事件について話し合う。

 江戸川乱歩の作品としては、戦後初。
 正当防衛による殺人を扱ったもので、女がこれを二度も成功させて話が終わっています。
 女曰く、「あたしはこの先まだ、幾度正当防衛をやるかわからない」(P368)。…もっとマシな男を選べよと言いたい。

【参考文献】
『江戸川乱歩全集 第15巻 三角館の恐怖』光文社

【関連記事】
江戸川乱歩(目次)

« 江戸川乱歩「三角館の恐怖」 | トップページ | アドルフ・ヒトラー『わが闘争(下)』角川書店(8) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/42741984

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川乱歩「断崖」:

« 江戸川乱歩「三角館の恐怖」 | トップページ | アドルフ・ヒトラー『わが闘争(下)』角川書店(8) »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31