無料ブログはココログ

« 江戸川乱歩「地獄の道化師」 | トップページ | 江戸川乱歩「新宝島」 »

江戸川乱歩「大金塊」

あらすじ…小学6年生の宮瀬不二夫君の家に泥棒が入った。盗まれたのは、埋蔵金の在り処を記した暗号文の断片だった。不二夫の父・宮瀬鉱造が明智小五郎に解決を依頼する。

 前半の盗難ではアルセーヌ・ルパンが使ったトリックが流用されていますが、今に始まったことではないのでまあいいでしょう。
 それから小林少年を誘拐した手口も、乱歩作品の中で前にも出てきたような記憶があるし、後半の宝探しは「孤島の鬼」と類似しています。
 …既視感が半端ない。

 最後に一つ、どうでもよいことを。賊に首領にしかるべき名前をつけてやるべきでしたな。
 一応、彼女は「今井きよ」(P626)という表の名前を持っているようですが、「黒蜥蜴」や「盲獣」、「二十面相」のようなインパクトのあるネーミングが欲しかった。そうした方がキャラが立ちますから。

【参考文献】
『江戸川乱歩全集 第13巻 地獄の道化師』光文社

地獄の道化師―江戸川乱歩全集〈第13巻〉 (光文社文庫) Book 地獄の道化師―江戸川乱歩全集〈第13巻〉 (光文社文庫)

著者:江戸川 乱歩
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 江戸川乱歩「地獄の道化師」 | トップページ | 江戸川乱歩「新宝島」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/42617355

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川乱歩「大金塊」:

« 江戸川乱歩「地獄の道化師」 | トップページ | 江戸川乱歩「新宝島」 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31