無料ブログはココログ

« 若竹七海「贈り物」 | トップページ | 池波正太郎「賊将」 »

池波正太郎「将軍」

 津久野是重少佐の視点から、旅順攻囲戦の乃木希典を描いた短篇。
 本作の中で乃木将軍は、「流弾に当る機会を願うかのように」(P384)たった一人で前線に行くこと一度ならず。自殺願望はあったのでしょうが、それが叶った大正元年の殉死の件はあっさりと片付けているようです。
 ちなみにステッセル将軍との「水師営の会見」がP399-403に描写されていますが、ネット上を検索してみたら画像がありました。
水師営の会見
 前列向かって右側に座っている、大きな口ひげの持ち主が本篇の主人公・津久野是重少佐です。…ん? 本作ではこんな立派なヒゲのことは書いていませんでしたな。

【参考文献】
池波正太郎『賊将』新潮社

賊将 (新潮文庫) Book 賊将 (新潮文庫)

著者:池波 正太郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 若竹七海「贈り物」 | トップページ | 池波正太郎「賊将」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/41665622

この記事へのトラックバック一覧です: 池波正太郎「将軍」:

« 若竹七海「贈り物」 | トップページ | 池波正太郎「賊将」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31