無料ブログはココログ

« SALUS September 2011 vol.126 | トップページ | エドワード・D・ホック「ポー・コレクター」 »

ドン・ウィンズロウ「ポーとジョーとぼく」

 エドガー・アラン・ポーと似たような道をたどりつつあった高校生カーペンターと、老教師ミス・ガーンハイマーの交流を描いた短篇。
 このカーペンター君は、高校2年生なのですが、日常的に飲酒をしているのみならず、二日酔いの状態で登校しています。飲酒はともかく(いけないことだけれど)、二日酔いで授業に出るとは…。まあ、それだけ落ちこぼれていたということなのでしょう。
 そんな落第生をミス・ガーンハイマー先生がいかに更生させるかというと…おっと、ここから先は伏せておきましょう。しかしヒントを一つ言っておくと、活字中毒の文学青年であろうとも、所詮は高校生。読み込んでいる文章の絶対量はそれほど多くはないし、それゆえに文学の視野もまだまだ狭いのです。

【参考文献】
スチュアート・M・カミンスキー編『ポーに捧げる20の物語』早川書房

ポーに捧げる20の物語 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ1831) Book ポーに捧げる20の物語 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ1831)

著者:ピーター・ラヴゼイ,トマス・H・クック,ドン・ウィンズロウ,他
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« SALUS September 2011 vol.126 | トップページ | エドワード・D・ホック「ポー・コレクター」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/42109048

この記事へのトラックバック一覧です: ドン・ウィンズロウ「ポーとジョーとぼく」:

« SALUS September 2011 vol.126 | トップページ | エドワード・D・ホック「ポー・コレクター」 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30