無料ブログはココログ

« 池波正太郎「応仁の乱」 | トップページ | 江戸川乱歩「大暗室」 »

飯倉義之編『ニッポンの河童の正体』新人物往来社

 ぽこ、ぽこ、ぽこ。
 川の人の眠りは、しずかに目覚めて行った。まっ黒い川水の中に、更に冷え圧するものの澱んでいるなかに、目のあいて来るのを、覚えたのである。
(P9)

 第一章の冒頭を読んで、ああこれは折口信夫『死者の書』のパロディだなと気付きました。この部分を執筆した飯倉義之氏の著者略歴を見ると、「國學院大學大学院修了」(P189)とあるので、その辺のつながりからこれが来てるんだろうなと推測できます。

 それはさておき、私も一つ、河童を描いてみることにします。

尻子玉を持つ河童

【参考文献】
飯倉義之編『ニッポンの河童の正体』新人物往来社

« 池波正太郎「応仁の乱」 | トップページ | 江戸川乱歩「大暗室」 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飯倉義之編『ニッポンの河童の正体』新人物往来社:

« 池波正太郎「応仁の乱」 | トップページ | 江戸川乱歩「大暗室」 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31