無料ブログはココログ

« 江戸川乱歩「少年探偵団」 | トップページ | ロバート・ファン・ヒューリック『東方の黄金』早川書房 »

遠藤周作「蜘蛛」

あらすじ…怪談会を途中退席し、帰りのタクシーの中で青白い顔の青年から怪異体験を聞く。

 ひょっとしたらこの青白い顔の青年はホモで、語り手(遠藤周作)を狙っていたんじゃないかと疑いました。
 怪談会の席で凝視していた(P32)のは「ウホッ」と思っていたからであり、車がスリップしていないのに顔を近付けた(P44)のはモーションをかけたからであり、先にさっさと降りた(P45)のは脈がないと諦めたから。
 とまあ、勝手に推測してみましたが、こんなこと考えるのは推理小説の読みすぎですかねえ。

【参考文献】
東雅夫=編『闇夜に怪を語れば 百物語ホラー傑作選』角川書店

闇夜に怪を語れば―百物語ホラー傑作選 (角川ホラー文庫)
Book
闇夜に怪を語れば―百物語ホラー傑作選 (角川ホラー文庫)
著者 阿刀田 高,京極 夏彦,倉阪 鬼一郎,杉浦 日向子,岩井 志麻子,高橋 克彦,福澤 徹三,村上 春樹,若竹 七海
販売元 角川書店
定価(税込) ¥ 660

« 江戸川乱歩「少年探偵団」 | トップページ | ロバート・ファン・ヒューリック『東方の黄金』早川書房 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/41665459

この記事へのトラックバック一覧です: 遠藤周作「蜘蛛」:

« 江戸川乱歩「少年探偵団」 | トップページ | ロバート・ファン・ヒューリック『東方の黄金』早川書房 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31