無料ブログはココログ

« 朱川湊人「夜、飛ぶもの」 | トップページ | 岩井志麻子「死神に名を贈られる午前零時」 »

恩田陸「卒業」

あらすじ…夜、5人の少女が狭い部屋に立てこもるが、一人また一人と殺されてゆく。

 物語の背景についての説明がないのでよくわかりませんが、少女たちの会話から推測すると、彼女たちはどこかの閉鎖的な施設にいたが脱走して残虐な殺人ゲームに参加したらしい。そのゲームとは、午前零時まで生き残っていれば解放されるというもので、少女たちがこの部屋にたどり着くまでに既に惨死した者もいる。
 う~ん、よくわからん。よくわからんが、カオリが死んだらしいのはわかるような気がします。

【参考文献】
『午前零時 P.S.昨日の君へ』新潮社

午前零時―P.S.昨日の私へ (新潮文庫) Book 午前零時―P.S.昨日の私へ (新潮文庫)

著者:鈴木 光司,朱川 湊人,恩田 陸,貫井 徳郎,坂東 眞砂子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 朱川湊人「夜、飛ぶもの」 | トップページ | 岩井志麻子「死神に名を贈られる午前零時」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

中学校の図書室で読んだのですが、このお話はちょっとグロテスクですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/41267858

この記事へのトラックバック一覧です: 恩田陸「卒業」:

« 朱川湊人「夜、飛ぶもの」 | トップページ | 岩井志麻子「死神に名を贈られる午前零時」 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30