無料ブログはココログ

« アガサ・クリスティー『オリエント急行の殺人』早川書房 | トップページ | 朱川湊人「夜、飛ぶもの」 »

岩井志麻子「ぼっけえ、きょうてえ」

あらすじ…明治時代、岡山の遊郭。醜い女郎が客の男に自らの生い立ちを語る。

 夏風邪で頭がボーッとなる中、このレビューを執筆しています。ところで、この寒気は夏風邪によるものか、あるいは本作の怖さが為せるものか、はたまた両者の相乗効果によるものか、ちょっとわかりません。

 堕胎、近親相姦、父殺し、人面瘡…。夜語りの中によくもまあこれだけ色々と盛り込んだものだと、読み直してみて気付きました。本当は怖いので読み直す気はあまりなかったのですが、夏風邪で頭が充分に働かないせいか、細かいプロットを思い出せず、仕方なく(と同時に半ば怖いもの見たさで)読み直してみた次第です。

 妾の友達いうたら、沢で腐っとる水子の死骸だけじゃ。それで妾はおままごとをしとった。(P20)

 水子が人間扱いされていない価値観の社会だったとはいえ、死体と遊ぶのは異常であり、やはりこれも怖い。
 そしてやはり怖いのは、これらのことを時には「ほほほ」と笑いながら話すところでしょうな。まともな神経の持ち主なら、凄惨な話を笑顔で語れません。

【参考文献】
岩井志麻子『ぼっけえ、きょうてえ』角川書店

ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫) Book ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫)

著者:岩井 志麻子
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« アガサ・クリスティー『オリエント急行の殺人』早川書房 | トップページ | 朱川湊人「夜、飛ぶもの」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/41267771

この記事へのトラックバック一覧です: 岩井志麻子「ぼっけえ、きょうてえ」:

« アガサ・クリスティー『オリエント急行の殺人』早川書房 | トップページ | 朱川湊人「夜、飛ぶもの」 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31