無料ブログはココログ

« アガサ・クリスティー「黄金の玉」 | トップページ | レギオン(2010年、アメリカ) »

池波正太郎「黒雲峠」

あらすじ…玉井伊織とその助太刀の一行が、父の仇・鳥居文之進を山道で待ち受けていた。だが伊織は、文之進の方が正しいということをわかっているため、テンションが上がらない。

 仇討ちの一行は出発時は8人。そのうちやる気があるのは佐々木久馬と伊之助の2人。伊織を含め6人は仕方なく…といったところです。
 それでも壮絶な殺し合いに発展するわけですから、大したものです。

【参考文献】
池波正太郎『賊将』新潮社

賊将 (新潮文庫) Book 賊将 (新潮文庫)

著者:池波 正太郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« アガサ・クリスティー「黄金の玉」 | トップページ | レギオン(2010年、アメリカ) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/41416031

この記事へのトラックバック一覧です: 池波正太郎「黒雲峠」:

« アガサ・クリスティー「黄金の玉」 | トップページ | レギオン(2010年、アメリカ) »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30