無料ブログはココログ

« 三島由紀夫「仲間」 | トップページ | 江戸川乱歩「吸血鬼」 »

中井英夫「影の狩人」

あらすじ…青年は近所のスナックで、不思議な男と出会う。

 ホモ・セクシャルの香りがしますな。

 青年は自分が燔祭の羔に選ばれたことを知ったが、それは明らかに恍惚感を伴ったものだった。あるいは『青頭巾』の僧と美童のように、貪り食われることの快美感を期待しながら、青年は眠りに落ちた。(P32)

 私は腐女子ではないので、このシチュエーションはどうということはない。しかしよくよく考えてみると、吸血鬼の中にホモがいてもおかしくないし、吸血鬼のターゲットにホモが選ばれることがあってもおかしくない。別に吸血鬼がノンケである必要性はないのですから。

【参考文献】
東雅夫=編『血と薔薇の誘う夜に 吸血鬼ホラー傑作選』角川書店

血と薔薇の誘う夜に―吸血鬼ホラー傑作選 (角川ホラー文庫)
Book
血と薔薇の誘う夜に―吸血鬼ホラー傑作選 (角川ホラー文庫)
販売元 角川書店
定価(税込) ¥ 660

« 三島由紀夫「仲間」 | トップページ | 江戸川乱歩「吸血鬼」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/41139864

この記事へのトラックバック一覧です: 中井英夫「影の狩人」:

« 三島由紀夫「仲間」 | トップページ | 江戸川乱歩「吸血鬼」 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31