無料ブログはココログ

« 宮地佐一郎『長宗我部元親』学陽書房 | トップページ | ブライアン・フリーマントル『シャーロック・ホームズの息子(下)』新潮社 »

ブライアン・フリーマントル『シャーロック・ホームズの息子(上)』新潮社

あらすじ…第一次世界大戦直前。シャーロック・ホームズの息子セバスチャン・ホームズは、ドイツと接触して莫大な利益を得ようと目論むアメリカ実業家の秘密結社を突き止めるべく、単身渡米する。

 一応、ホームズ・パスティーシュ(シャーロック・ホームズの二次創作)ですが、推理小説というよりもスパイ小説です。それから、シャーロック・ホームズ(とワトスン)も登場しますが、主役は寧ろセバスチャンの方であり、セバスチャンの活躍を中心に描かれます。
 尚、スパイ小説といっても、ジェームズ・ボンドのようにド派手なアクションがあるわけではなく(少なくとも上巻では)、腹の底が知れない連中を相手にしての腹の探り合いが続きます。こういうやり取りは緊迫感がありますが、これが続くとなると胃もたれがしてきますな。

【関連記事】
シャーロック・ホームズ(目次)
ブライアン・フリーマントル『シャーロック・ホームズの息子(下)』新潮社

« 宮地佐一郎『長宗我部元親』学陽書房 | トップページ | ブライアン・フリーマントル『シャーロック・ホームズの息子(下)』新潮社 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/41267692

この記事へのトラックバック一覧です: ブライアン・フリーマントル『シャーロック・ホームズの息子(上)』新潮社:

« 宮地佐一郎『長宗我部元親』学陽書房 | トップページ | ブライアン・フリーマントル『シャーロック・ホームズの息子(下)』新潮社 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30