無料ブログはココログ

« 浅暮三文「悪魔の背中」 | トップページ | 岩井志麻子「岡山は毎晩が百物語」 »

江戸川乱歩「黒蜥蜴」

あらすじ…女賊・黒蜥蜴(くろとかげ)と名探偵・明智小五郎が対決する!

 「黒蜥蜴」は三島由紀夫脚本、美輪明宏主演の演劇が有名ですが、これはその原作になります。ちなみに映画化もされていますが映画も演劇も私は未見です。
 未見ですが、美輪明宏の当たり役ということは知っていましたので、本作を読む際の黒蜥蜴のセリフは美輪明宏の声で脳内再生しました。ただし、現在の老いた声ではなく、若い頃の声で。
 黒蜥蜴の一人称が時々「僕」になることがあったり、男性に変装したりするシーンがあったりするので、その点では中性的な人物の方が似合っているのかもしれません。

【参考文献】
『江戸川乱歩全集 第9巻 黒蜥蜴』光文社

【関連記事】
江戸川乱歩(目次)

« 浅暮三文「悪魔の背中」 | トップページ | 岩井志麻子「岡山は毎晩が百物語」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/41311948

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川乱歩「黒蜥蜴」:

« 浅暮三文「悪魔の背中」 | トップページ | 岩井志麻子「岡山は毎晩が百物語」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31