無料ブログはココログ

« 百目鬼恭三郎「日本にも吸血鬼はいた」 | トップページ | リタ・タルマン『ヴァイマル共和国』白水社 »

江戸川乱歩「猟奇の果」

あらすじ…猟奇者で退屈を持て余していた青木愛之助は、靖国神社の招魂祭で、友人の品川四郎と瓜二つの男を目撃する。

 前半と後半とで作風が大きく異なる作品。なぜそうなってしまったかについては本書P598-602の「自作解説」に書いてあるのでそちらへ譲るとして、ともかくも「困った時には明智小五郎」というスタンスが感じられます。
 明智小五郎とは便利な存在ですな。作品が途中でグダグダになって、物語が続かなくなってしまいそうになったら、彼を投入して解決させればとりあえずは収まりがつくのですから。
 私はRPGツクール2000で作品を制作しているから少しはわかるのですが、こういうキャラクターを保持しているのは実にありがたいことです。作家にとっては財産ですぜ。嗚呼、私もこんなキャラが欲しいものだ。

【参考文献】
『江戸川乱歩全集 第4巻 孤島の鬼』光文社

江戸川乱歩全集 第4巻 孤島の鬼 (光文社文庫) Book 江戸川乱歩全集 第4巻 孤島の鬼 (光文社文庫)

著者:江戸川 乱歩
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 百目鬼恭三郎「日本にも吸血鬼はいた」 | トップページ | リタ・タルマン『ヴァイマル共和国』白水社 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/41139904

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川乱歩「猟奇の果」:

« 百目鬼恭三郎「日本にも吸血鬼はいた」 | トップページ | リタ・タルマン『ヴァイマル共和国』白水社 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30