無料ブログはココログ

« JG 06 Jun. 2011 vol.52 | トップページ | 佐藤優『この国を動かす者へ』徳間書店 »

中野京子『残酷な王と悲しみの王妃』集英社

 メアリー・スチュアート(スコットランド女王)、マルガリータ・テレサ(レオポルト1世妃)、イワン雷帝の七人の妃、ゾフィア・ドロテア(ジョージ1世妃)、アン・ブーリン(ヘンリー8世妃)といった王妃たちを取り上げたもの。
 『怖い絵』の著者だけあって絵が豊富に引用されており、例えば表紙のデザインに用いられている『ラス・メニーナス』(ベラスケス画)の中心の幼女は、第二章の主人公マルガリータ・テレサだということがわかります。

 ちなみに、著者は「はじめに」の最後で「王妃という仕事は、実に全く大変なものなのだ」(P2)と述べています。たしかに彼女たちの末路を見るだけでも大変さがわかります。

残酷な王と悲しみの王妃 Book 残酷な王と悲しみの王妃

著者:中野 京子
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« JG 06 Jun. 2011 vol.52 | トップページ | 佐藤優『この国を動かす者へ』徳間書店 »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/40631624

この記事へのトラックバック一覧です: 中野京子『残酷な王と悲しみの王妃』集英社:

« JG 06 Jun. 2011 vol.52 | トップページ | 佐藤優『この国を動かす者へ』徳間書店 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30