無料ブログはココログ

« 天城一「エルロック・ショルムスの新冒険」 | トップページ | BUAISO 44 2011 »

柴田錬三郎「赤い怪盗」

あらすじ…深夜、ホームズは「赤い悪魔」と名乗る拳銃強盗を追いかけていたが、見失ってしまう。どうやら強盗は小さな花屋に入って行ったようだが…。

 日本の有名な時代小説家が書いた、児童向けホームズもの。
 犯人の正体特定余裕でした。まあ、子供向けに書かれたものですので、推理の難易度は低い。
 それはさておき、ホームズが仕掛けた罠によって、中学生と小学生の兄妹を命の危険にさらしてしまったのは感心しませんな。
 賢明な名探偵ならば、「緋色の研究」の時のように犯人を自室におびきよせて逮捕した方がいいでしょう。犯人は○○○○○(ネタバレになるので伏せます)を表の顔として持っているのだから、それを利用して花を届けさせるとか何とかすればいいのです。

【参考文献】
北原尚彦・編『日本版シャーロック・ホームズの災難』論創社

日本版 シャーロック・ホームズの災難 Book 日本版 シャーロック・ホームズの災難

著者:柴田 錬三郎
販売元:論創社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 天城一「エルロック・ショルムスの新冒険」 | トップページ | BUAISO 44 2011 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/40963599

この記事へのトラックバック一覧です: 柴田錬三郎「赤い怪盗」:

« 天城一「エルロック・ショルムスの新冒険」 | トップページ | BUAISO 44 2011 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31