無料ブログはココログ

« FictionJunction「stone cold」 | トップページ | 横溝正史「面影双紙」 »

恐怖のスケベおばさん

 某ローカルテレビ局で、下ネタを連発するオバサンがいる。番組内で自分のことを「スケベおばさん」と言ってました。それは岩井志麻子という作家で、映画化もされた『ぼっけえ、きょうてえ』の作者とのこと。
 少々興味を覚えたので、この人の作品を読むことに。最初は根気のいる長編ではなく、短篇から入るのがよかろうと思ったので、短篇集『魔羅節』(新潮文庫)を手にとって読んでみました。
 本書収録の作品は「乞食柱」「魔羅節」「きちがい日和」「おめこ電球」「金玉娘」「支那艶情」「淫売監獄」「片輪車」と、タイトルからしてすごいのですが、中身も危険です。エロい、そして怖い。例えば「乞食柱(ほいとばしら)」では重度の身体障害を負った処女の巫女が若いホームレスに強制フェ○チオされる話だし、…と、今回はここまでにしておきます。
 いやあ、怖い怖い。ということで、こんな怖い話を書く作者を「恐怖のスケベおばさん」と呼ばせていただきます。

 岩井志麻子/魔羅節 岩井志麻子/魔羅節
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

« FictionJunction「stone cold」 | トップページ | 横溝正史「面影双紙」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/40963721

この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖のスケベおばさん:

« FictionJunction「stone cold」 | トップページ | 横溝正史「面影双紙」 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30