無料ブログはココログ

« 中川裕朗「ルーマニアの醜聞」 | トップページ | 天城一「エルロック・ショルムスの新冒険」 »

稲垣足穂「黒い箱」

あらすじ…シャーロック・ホームズが黒い小箱を開ける。

 わずか11行の短い作品です。下手したら、こちらのレビューの方が長くなってしまうくらいです。
 さて、この作品ではホームズは色々やってついに小箱を開けることに成功するのですが、別にホームズでなければならない必然性はそこにはありません。というより、名推理を展開する時間も与えられずに終わってしまっています。
 まあ、ファンならばこの後の展開を想像してみることですな。例えば、箱の中に何もないのならば、箱の方にこそ手がかりがある、といったように。

【参考文献】
北原尚彦・編『日本版シャーロック・ホームズの災難』論創社

日本版 シャーロック・ホームズの災難 Book 日本版 シャーロック・ホームズの災難

著者:柴田 錬三郎
販売元:論創社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 中川裕朗「ルーマニアの醜聞」 | トップページ | 天城一「エルロック・ショルムスの新冒険」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/40963565

この記事へのトラックバック一覧です: 稲垣足穂「黒い箱」:

« 中川裕朗「ルーマニアの醜聞」 | トップページ | 天城一「エルロック・ショルムスの新冒険」 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31