無料ブログはココログ

« 夢枕獏「ゲイシャガール失踪事件」 | トップページ | 林望「『名馬シルヴァー・ブレイズ』後日」 »

荒俣宏「盗まれたカキエモンの謎」

あらすじ…1896年のロンドン。大英博物館で、柿右衛門の陶器が大量に盗まれる事件が発生。シャーロック・ホームズと南方熊楠が競うように解決に乗り出す。

 水木しげるのマンガで「アリャマタ・コリャマタ」という妖怪のモデルになった荒俣宏の手になるホームズ・パスティーシュ(シャーロック・ホームズの二次創作)。

「クマ、クマ、オーッ、ソコニイマシタカ!」
「熊、熊って、気易く呼びすてにするなってことよ。狩人が聞いたら、鉄砲かつぎだすわな」(と流暢な英語で)
(P54)

 このダグラスと熊楠の会話で脱力しました。でも、推理の内容は短いながらも本格的です。

【参考文献】
北原尚彦・編『日本版シャーロック・ホームズの災難』論創社

日本版 シャーロック・ホームズの災難 Book 日本版 シャーロック・ホームズの災難

著者:柴田 錬三郎
販売元:論創社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 夢枕獏「ゲイシャガール失踪事件」 | トップページ | 林望「『名馬シルヴァー・ブレイズ』後日」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/40873626

この記事へのトラックバック一覧です: 荒俣宏「盗まれたカキエモンの謎」:

« 夢枕獏「ゲイシャガール失踪事件」 | トップページ | 林望「『名馬シルヴァー・ブレイズ』後日」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31