無料ブログはココログ

« 林望「『名馬シルヴァー・ブレイズ』後日」 | トップページ | 中川裕朗「ルーマニアの醜聞」 »

北杜夫「銭形平次ロンドン捕物帖」

あらすじ…シャーロック・ホームズの理解の範疇を超えた「隠れマント怪人事件」が発生した。そこでホームズは日本から銭形平次を呼び寄せた。

 ホームズ・パロディ。銭形平次とホームズとでは時代が違うだろ、と誰もがツッコミを入れるだろうと作者は思ったのか、

 こんなふうに昔の日英人二人のあいだで会話がスムーズに行われるはずもないのだが、そこが三文小説の便利なところである。むろんのこと、時代考証なども気にする必要もない。(P77)

 などと開き直っている始末。もちろん、銭形平次が英語ペラペラなのも気にしてはいけません。
 さて、今作では名推理を展開するのは専ら銭形平次の方で、シャーロック・ホームズは聞き役に回っています。というより、ホームズは全然冴えません。
 ではなぜホームズがここまで劣化しているのかというと、コカインをやりすぎたから。
 おいおい、そこはドクター・ワトスンが止めろよ…と思いましたが、今作ではワトスンは一切登場せず、ワトスンの役割をホームズが担っています。まあ、ワトスンにはこんなみっともない姿を見せられませんけどね。

【参考文献】
北原尚彦・編『日本版シャーロック・ホームズの災難』論創社

日本版 シャーロック・ホームズの災難 Book 日本版 シャーロック・ホームズの災難

著者:柴田 錬三郎
販売元:論創社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 林望「『名馬シルヴァー・ブレイズ』後日」 | トップページ | 中川裕朗「ルーマニアの醜聞」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/40873655

この記事へのトラックバック一覧です: 北杜夫「銭形平次ロンドン捕物帖」:

« 林望「『名馬シルヴァー・ブレイズ』後日」 | トップページ | 中川裕朗「ルーマニアの醜聞」 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31