無料ブログはココログ

« ALCOTT TIMES 5 May 2011 | トップページ | コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの思い出』新潮社 »

加藤廣『安土城の幽霊 「信長の棺」異聞録』文藝春秋

 「藤吉郎放浪記」「安土城の幽霊」「つくもなす物語」の中篇3つを収録したもの。
 「藤吉郎放浪記」は若き日の秀吉(松下家出奔から薪炭奉行まで)を、「安土城の幽霊」は服部半蔵が安土城に潜入して織田信長に嫌がらせをしようとするさまを、そして「つくもなす物語」では茶器「つくも茄子」の変遷を描いています。

 ちなみに「安土城の幽霊」では服部半蔵が何度も何度も安土城の奥深くに潜入していますが、ここまで来るとザル警備にもほどがあるだろ…。半蔵と彼の主君・徳川家康には信長を殺す気はなかったようですが、敵の多い信長のことだから、彼を亡き者にしようとする輩は多いはず。それなのにこのザル警備とは意外ですな。

 尚、『信長の棺』や『秀吉の枷』では徳川家康が本能寺の変に何らかの関与をしていたことが示唆されていますが、本書収録の三作品ではその辺については明らかにされておりません。
 ということは、著者はまだまだ「本能寺三部作」の番外編を書くつもりなのでしょう。

安土城の幽霊―「信長の棺」異聞録 Book 安土城の幽霊―「信長の棺」異聞録

著者:加藤 廣
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【関連記事】
信長の棺
秀吉の枷(上)
秀吉の枷(下)
明智左馬助の恋
空白の桶狭間

« ALCOTT TIMES 5 May 2011 | トップページ | コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの思い出』新潮社 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/40528738

この記事へのトラックバック一覧です: 加藤廣『安土城の幽霊 「信長の棺」異聞録』文藝春秋:

« ALCOTT TIMES 5 May 2011 | トップページ | コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの思い出』新潮社 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30