無料ブログはココログ

« JOL 2011 spring No.06 | トップページ | 一校舎社会研究会・編『昭和のニッポン』永岡書店 »

ポール・アンダースン「火星のダイヤモンド」

あらすじ…地球から火星に輸送中のダイヤモンドが突如として消えた。グレグ警部は火星人の私立探偵シァロックに調査を依頼する。

 この火星人シァロック、どう見てもモデルはシャーロック・ホームズです。例えば彼の部屋の描写の中で、「一ヵ所に、彼の愛国心をあらわして、現在の女王陛下をあらわす浮彫像が、弾痕で射ち出されてある」(P276)というのは、シャーロック・ホームズがピストルの弾痕で作ったヴィクトリア女王のイニシャル“V.R.”に対するリスペクトでしょうな。
 他にも色々とありますが、シャーロッキアンたちにそれらを探し出す楽しみを残しておきます。

【参考文献】
早川書房編集部・編『天外消失<世界短篇傑作集>』早川書房

天外消失 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ1819) Book 天外消失 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ1819)

著者:クレイトン・ロースン,フレドリック・ブラウン,ジョン・D・マクドナルド,ジョルジュ・シムノン,他
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« JOL 2011 spring No.06 | トップページ | 一校舎社会研究会・編『昭和のニッポン』永岡書店 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/40346242

この記事へのトラックバック一覧です: ポール・アンダースン「火星のダイヤモンド」:

« JOL 2011 spring No.06 | トップページ | 一校舎社会研究会・編『昭和のニッポン』永岡書店 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31