無料ブログはココログ

« 小林司・東山あかね『図説 シャーロック・ホームズ』河出書房新社 | トップページ | ジョルジュ・シムノン「殺し屋」 »

エドガー・ライス・バロウズ「ジャングル探偵ターザン」

あらすじ…類人猿の雌チーカが何者かに攫われた。ターザンと類人猿の雄タウグが、チーカを奪還すべく追跡する。

 ここに登場するターザンは、結構ワイルドです。

 かれのわき腹には物入れ袋がぶら下がっている。今までに殺した何人とも知れぬ人間たちの一人から奪ったものだ。(P17)

 ターザンは自分のことを人間だとは思っていないようだし、我々人間が持つ一般的な社会性(汝殺すなかれ!)とは無縁の生活を送っていることから、人間を殺して持ち物を奪うというのも、獲物(もしくは外敵)を狩って戦利品を手に入れたぐらいの認識なのでしょう。

 さて、本作の「ジャングル探偵」は、足跡や臭いなどを手がかりにしてチーカを攫った他の群れの雄を追いかけています。なるほど、ジャングルでは「臭跡」なのか。そういえば警察犬が犯人の足取りを追うのも、犯人の「臭跡」をたどっているんでしたな。

【参考文献】
早川書房編集部・編『天外消失<世界短篇傑作集>』早川書房

天外消失 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ1819) Book 天外消失 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ1819)

著者:クレイトン・ロースン,フレドリック・ブラウン,ジョン・D・マクドナルド,ジョルジュ・シムノン,他
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 小林司・東山あかね『図説 シャーロック・ホームズ』河出書房新社 | トップページ | ジョルジュ・シムノン「殺し屋」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/40264246

この記事へのトラックバック一覧です: エドガー・ライス・バロウズ「ジャングル探偵ターザン」:

« 小林司・東山あかね『図説 シャーロック・ホームズ』河出書房新社 | トップページ | ジョルジュ・シムノン「殺し屋」 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30