無料ブログはココログ

« エリック・アンブラー「エメラルド色の空」 | トップページ | アーサー・ウイリアムズ「この手で人を殺してから」 »

クレイトン・ロースン「天外消失」

あらすじ…刑事たちが汚職疑惑のある判事を尾行していたが、彼は電話ボックスの中で忽然と姿を消した。マジック用品店店主のマリーニーがトリックの解明に挑む。

 今作で登場するのは「奇術師探偵マリーニー」(P126)。なるほど、手品の種を知り尽くしている人間なら、犯罪のトリックを見破るのもある面では得意かもしれません。とはいえ、例えばアガサ・クリスティの『スタイルズ荘の怪事件』のように薬品の知識がないと解明できないトリックもあるので、その方面は不得手かもしれませんな。

【参考文献】
早川書房編集部・編『天外消失<世界短篇傑作集>』早川書房

天外消失 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ1819) Book 天外消失 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ1819)

著者:クレイトン・ロースン,フレドリック・ブラウン,ジョン・D・マクドナルド,ジョルジュ・シムノン,他
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« エリック・アンブラー「エメラルド色の空」 | トップページ | アーサー・ウイリアムズ「この手で人を殺してから」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/40291139

この記事へのトラックバック一覧です: クレイトン・ロースン「天外消失」:

« エリック・アンブラー「エメラルド色の空」 | トップページ | アーサー・ウイリアムズ「この手で人を殺してから」 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31