無料ブログはココログ

« H.G.ウェルズ「マジック・ショップ」 | トップページ | H.G.ウェルズ「奇妙な蘭」 »

H.G.ウェルズ「ザ・スター」

あらすじ…太陽系の外から未知の惑星がやってきて海王星と衝突、両者は一つの巨大な白い星となって地球に接近してくる。

 こんな記述がありました。

 書斎に座っている大数学者が用紙を前へつき出した。やっと計算が終わったのだ。小さな白い薬瓶にはまだ薬が少し残っていた。覚醒剤を飲んで四日も徹夜したのだ。(P238)

 惑星の軌道の計算を紙に書く(筆算!)というのも時代を感じさせますが、覚醒剤を飲んで徹夜するというのも同じく時代を感じさせます。本作は1899年発表だそうですが、その頃はまだシャブが合法だったということですな。

【参考文献】
H.G.ウェルズ『タイム・マシン 他九篇』岩波書店

タイム・マシン 他九篇 (岩波文庫) Book タイム・マシン 他九篇 (岩波文庫)

著者:H.G. ウエルズ
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« H.G.ウェルズ「マジック・ショップ」 | トップページ | H.G.ウェルズ「奇妙な蘭」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/40528779

この記事へのトラックバック一覧です: H.G.ウェルズ「ザ・スター」:

« H.G.ウェルズ「マジック・ショップ」 | トップページ | H.G.ウェルズ「奇妙な蘭」 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30