無料ブログはココログ

« コナン・ドイル『緋色の研究』新潮社 | トップページ | 江戸川乱歩「白昼夢」 »

江戸川乱歩「指環」

あらすじ…汽車の中で女性から指環を掏ったスリの男が、どこに指環を隠したのかを語る。

 「自作解説」によると、本作は、

 「新青年」大正十四年四月号に「白昼夢」とならべて、「小品二題」という一括見出しをつけて発表したもの。「白昼夢」の方は大いに好評であったが、この「指環」は黙殺された。(P446-447)

 黙殺される、というのはある意味、批判されるよりも悲しいのかもしれません。というのは、「レビューする価値なし」と言ってるようなものだからです。
 とはいえ、レビューする側の人間だって、読んだものを一々取り上げる義理はないんだから(プロの批評家が仕事でやるのは別)、「なぜ○○を取り上げないのですか?」と責めるわけにはいかない。

 さて、本作はAとBの会話だけで話が進みます。Bの方がスリですが、Aも指環を横取りしようとするあたりからして悪党ですな。
 で、最後に指環の隠し場所を明かして終わり。実に呆気ない。どうせなら、「これがその指環でさあ」と言ってAの前に取り出して見せても…って、とっくに売り払っているか。犯罪者の心理としては、犯罪の証拠は一刻も早く処分したいものですから。

【参考文献】
『江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者』光文社

 江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者

« コナン・ドイル『緋色の研究』新潮社 | トップページ | 江戸川乱歩「白昼夢」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/39839214

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川乱歩「指環」:

« コナン・ドイル『緋色の研究』新潮社 | トップページ | 江戸川乱歩「白昼夢」 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30