無料ブログはココログ

« 江戸川乱歩「指環」 | トップページ | 江戸川乱歩「幽霊」 »

江戸川乱歩「白昼夢」

あらすじ…ある日の午後、往来に人だかりができている。その人だかりの中心で、一人の男が演説していた。「俺は妻を殺した」と。

 「自作解説」によると本作は「狂人の幻想として発表」(P437)されたとのこと。狂人? ここでいう狂人とは誰のことを指しているのでしょうか?
 第一の候補者は、妻を殺してその死体を屍蝋に加工し店に飾った演説者です。なるほど、一連の行為を見ればたしかにこいつは狂人です。しかし、死体の方は幻想ではなく、「私」がちゃんと本物だと確認しています。
 だとすると、これら一連の怪奇な出来事を目撃した「私」の方が狂人なのかもしれません。冒頭に「あれは、白昼の悪夢であったか、それとも現実の出来事であったか。」(P429)とあるように、現実と非現実の区別も付いていないようですから。

【参考文献】
『江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者』光文社

 江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者

« 江戸川乱歩「指環」 | トップページ | 江戸川乱歩「幽霊」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/39850435

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川乱歩「白昼夢」:

« 江戸川乱歩「指環」 | トップページ | 江戸川乱歩「幽霊」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31