無料ブログはココログ

« 江戸川乱歩「心理試験」 | トップページ | 江戸川乱歩「赤い部屋」 »

江戸川乱歩「黒手組」

あらすじ…作者(江戸川乱歩)は熱海温泉逗留中に、伯父の娘が怪盗集団・黒手組に誘拐されたとの報道に接し、急いで伯父のもとへ行く。すると、身代金を渡したものの、娘がいまだにもどってきていないという。そこで友人の明智小五郎に事件の解決を依頼する。

 冒頭に暗号文が掲載されているのですが、最初に読んだだけでは誰が誰にどんなシチュエーションで送ったのか不明なのでとりあえず後回しにしておきます。しかし、中盤でシチュエーションがわかっても、サッパリわかりません。まあ、明智小五郎のように本腰を入れて解読する気などさらさらなく、続きをさっさと読みたかったのでさっさと諦めました。

 最後に一言。黒手組出てこねーじゃん!

【参考文献】
『江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者』光文社

【関連記事】
江戸川乱歩(目次)

« 江戸川乱歩「心理試験」 | トップページ | 江戸川乱歩「赤い部屋」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/39778919

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川乱歩「黒手組」:

« 江戸川乱歩「心理試験」 | トップページ | 江戸川乱歩「赤い部屋」 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31