無料ブログはココログ

« 江戸川乱歩「鬼」 | トップページ | 江戸川乱歩「恐怖王」 »

宮廷画家ゴヤは見た(2006年、スペイン・アメリカ)

監督:ミロス・フォアマン
出演:ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・ステルスガルド
原題:Goya's Ghosts
備考:歴史映画

あらすじ…スペインの宮廷画家ゴヤは修道士ロレンゾの肖像画を描いていた。又、裕福な商人の娘イネスの肖像画も描いていた。そんなある時、イネスが異端者(ユダヤ人)の疑いをかけられ囚われの身となる。

 監督が「アマデウス」のミロス・フォアマンということで期待して観た記憶があるのですが、どうも今作ではフィーリングが合わなかったようで、さほど面白味を感じられませんでした。
 ところで、終幕のスタッフロールのところで「巨人」や「わが子を喰らうサトゥルヌス」などが表示されるのですが、巨人もサトゥルヌスも現実を超越した領域の存在です。ゴヤはあっちの世界も「見た」ってことでしょうかねえ。

 宮廷画家ゴヤは見た 宮廷画家ゴヤは見た
販売元:ハピネット・オンライン
ハピネット・オンラインで詳細を確認する

« 江戸川乱歩「鬼」 | トップページ | 江戸川乱歩「恐怖王」 »

2000年代映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/39687316

この記事へのトラックバック一覧です: 宮廷画家ゴヤは見た(2006年、スペイン・アメリカ):

« 江戸川乱歩「鬼」 | トップページ | 江戸川乱歩「恐怖王」 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30