無料ブログはココログ

« 内藤陽介『事情のある国の切手ほど面白い』メディアファクトリー | トップページ | 江戸川乱歩「踊る一寸法師」 »

アガサ・クリスティー『スタイルズ荘の怪事件』早川書房

 アガサ・クリスティー並びに名探偵エルキュール・ポアロのデビュー作。
 私は数年前にドラマ版をギャオで観ていたので、『そして誰もいなくなった』を読んだ時とは異なり、犯人探しをする必要はありませんでした。とはいえ、ドラマ版は一度観たきりだったのでトリックの細かい内容は記憶に残っておらず、本書を読むことで再確認することができました。

 それにしても、ヘイスティングズが「たまたま」出会った友人の誘いで彼の母親が住む家で療養している時に、その母親が世話している亡命ベルギー人の中に「たまたま」ポアロがいて衝撃の再会、そして殺人事件が発生。現実社会ではありえないくらいものすごく確率が低い展開なのですが、これはまあご都合主義ということにしておきましょう。「名探偵コナン」だって旅行先で必ずといってよいほど殺人事件に遭遇していますし。

スタイルズ荘の怪事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) Book スタイルズ荘の怪事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

著者:アガサ クリスティー
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 内藤陽介『事情のある国の切手ほど面白い』メディアファクトリー | トップページ | 江戸川乱歩「踊る一寸法師」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/39301256

この記事へのトラックバック一覧です: アガサ・クリスティー『スタイルズ荘の怪事件』早川書房:

« 内藤陽介『事情のある国の切手ほど面白い』メディアファクトリー | トップページ | 江戸川乱歩「踊る一寸法師」 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31