無料ブログはココログ

« 江戸川乱歩「灰神楽」 | トップページ | 岡本まい『「危ない」世界の歩き方』彩図社 »

江戸川乱歩「火星の運河」

あらすじ…「私」はずっと森の中をさまよっていた。すると、森の中の沼へ出た。

 タイトルだけ見るとSFっぽいのですが、内容はさにあらず。ネタバレ覚悟で言わせてもらうと(短篇だし、ミステリーのような謎解きもないのでいいですよね?)、夢オチです。
 何だ、夢オチかよ! と突っ込みたくなりますが、よくよく読んでみると、夢であることを示唆する表現があることに気付きます。例えば、「音もなく、匂いもなく、肌触りさえない世界」(P106)とか、なぜか「私」が裸体(しかも女性の裸体!)だったりとか…。又、長い間森の中をさまよっているのに食料の心配が全然ないし、自らの体を傷付けた時に痛みを感じていたフシもありませんな。
 勘のいい読者なら、最後まで読まずともこれらの非現実感から「これは夢の世界じゃないか」と推理できることでしょう。

【参考文献】
『江戸川乱歩全集 第3巻 陰獣』光文社

【関連記事】
江戸川乱歩(目次)

« 江戸川乱歩「灰神楽」 | トップページ | 岡本まい『「危ない」世界の歩き方』彩図社 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/39367059

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川乱歩「火星の運河」:

« 江戸川乱歩「灰神楽」 | トップページ | 岡本まい『「危ない」世界の歩き方』彩図社 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31