無料ブログはココログ

« 江戸川乱歩「一寸法師」 | トップページ | 入江敦彦『怖いこわい京都』新潮社 »

江戸川乱歩「盲獣」

 盲目の殺人鬼(盲獣)が女性を次から次へと惨殺し、その死体をバラバラに切断していきます。そして作者は終盤に至ってこのようなことを述べています。
「作者はこの盲目の殺人淫楽者について、余りにも長々と語り過ぎた様である。」(P583)
 さらに、
「作者も飽きた、読者諸君も恐らくは飽き果てられた事であろう。」(P584)
 はい、ここまで読んできて、もうお腹いっぱいでした。いえね、鎌倉の人肉ハムを食らったわけではないのですが、怪奇趣味もここまで続くと精神的にヘトヘトになって、ついて行けませんわ。
 そのため、P592-594の「触覚芸術論」をまともに読む気にはなれず、斜め読みで済ませてしまいました。

最後に一言:グロ注意。

【参考文献】
『江戸川乱歩全集 第5巻 押絵と旅する男』光文社

【関連記事】
江戸川乱歩(目次)

« 江戸川乱歩「一寸法師」 | トップページ | 入江敦彦『怖いこわい京都』新潮社 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/39279127

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川乱歩「盲獣」:

« 江戸川乱歩「一寸法師」 | トップページ | 入江敦彦『怖いこわい京都』新潮社 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30