無料ブログはココログ

« 花粉症対策 | トップページ | 上杉隆『記者クラブ崩壊 新聞・テレビとの200日戦争』小学館 »

モーリス・ルブラン『ルパン対ホームズ』新潮社

 P4の断り書きによると、「原作者のコナン・ドイルから強い抗議を受けたため」、原書ではシャーロック・ホームズとジョン・ワトスンの名前を変えてあるが、和訳に際しては諮問探偵の方はシャーロック・ホームズに戻し、その助手の方は原書のウィルソンのままにしたとのこと。
 ちなみにこのウィルソンは、ルパンの偽手紙にまんまと引っかかったり(P138)、ルパンの目の前で呆然としたり(P115)と、本家のワトスンよりも幾分、愚鈍に描かれています。おまけに第一話では腕をへし折られ、第二話では刺されるという踏んだり蹴ったりの有様。これには私も同情せざるをえない。
 一方、ホームズはというと、「遅かりしシャーロック・ホームズ」に較べれば活躍しています。盗まれた青ダイヤとユダヤランプを取り戻したし、P234「ルパン二度目の逮捕」ではすぐに逃げられたにせよ一応、ルパンの逮捕にこぎつけています。
 とはいえ、建築技師デタンジの記銘板に気付く(P159)のに時間がかかっていたりと、こちらも本家よりは性能的に劣化しているようです。

ルパン対ホームズ (新潮文庫―ルパン傑作集) Book ルパン対ホームズ (新潮文庫―ルパン傑作集)

著者:モーリス・ルブラン
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 花粉症対策 | トップページ | 上杉隆『記者クラブ崩壊 新聞・テレビとの200日戦争』小学館 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/39001158

この記事へのトラックバック一覧です: モーリス・ルブラン『ルパン対ホームズ』新潮社:

« 花粉症対策 | トップページ | 上杉隆『記者クラブ崩壊 新聞・テレビとの200日戦争』小学館 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31