無料ブログはココログ

« ローズマリー・ティンパリー他『新・幻想と怪奇』早川書房(4) | トップページ | 学歴と仕事能力の関連性 »

ベスト・キッド(1984年、アメリカ)

 この映画はレンタルビデオで観ました。2010年版のベスト・キッドをレビューする上で比較対照しようと思い、借りてきた次第です。

監督:ジョン・G・アヴィルドセン
出演:ラルフ・マッチオ、ノリユキ・パット・モリタ、エリザベス・シュー、ウィリアム・ザブカ
原題:The Karate Kid

あらすじ…母の転勤でカリフォルニアに移り住んだダニエル・ラルーソは、ジョニーら不良集団にイジメられる毎日だった。ある日、絶体絶命の窮地を老人ミヤギに救われたダニエルは、ミヤギに弟子入りし、空手を習い始める。己の弱さと闘い、逃げない勇気を学んだダニエルは、ついにジョニーとの決戦に臨むことに!!(2010年版のあらすじを少々改変して流用)

 さて、2010年版でハン(ジャッキー・チェン)はカンフーで中学生をボコボコにしますが、1984年版でミヤギ(パット・モリタ)は空手で高校生をボコボコにします。中学生をボコボコにするのと高校生をボコボコにするのとではどっちが凄いかというと後者に軍配を上げざるをえない。しかも、格闘時間はミヤギの方が短い。

 もちろん、2010年版の方が優れている点があります。例えば格闘の演出やカメラワークなどです。両者を見比べてみれば、26年の間にこれらの技術がどれだけ進歩したのかを実感することができるでしょう。

ベスト・キッド コレクターズ・エディション [DVD] DVD ベスト・キッド コレクターズ・エディション [DVD]

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2010/07/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ローズマリー・ティンパリー他『新・幻想と怪奇』早川書房(4) | トップページ | 学歴と仕事能力の関連性 »

1980年代映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/38532314

この記事へのトラックバック一覧です: ベスト・キッド(1984年、アメリカ):

« ローズマリー・ティンパリー他『新・幻想と怪奇』早川書房(4) | トップページ | 学歴と仕事能力の関連性 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30