無料ブログはココログ

« ガーディアン ハンニバル戦記(2006年、イギリス) | トップページ | ポール・ドハティ『教会の悪魔』早川書房 »

トーマス・マン『ヴェネツィアに死す』光文社

 真面目な老作家が旅先のヴェネツィア(ヴェニス)で14歳の美少年に恋をし、破滅へと向かう…というショタホモ小説。ただし、ショタホモ小説といっても肛門性交などは一切なく、しかも主人公(アッシェンバッハ)と少年(タッジオ)は言葉を交わすことすらしないまま物語は幕を閉じています。
 え? 物足りない? 『くそみそテクニック』や『ガチムチパンツレスリング』を知っている現代人なら満足できないかもしれませんが、そもそも本作が発表されたのが1912年ということを考慮に入れないといけません。当時のヨーロッパ社会では同性愛差別が強く、同性愛が発覚したら社会的地位を失う破目に陥ったことでしょう。
 そういう危うさの中での恋ですからね、命がけですな。

ヴェネツィアに死す (光文社古典新訳文庫) Book ヴェネツィアに死す (光文社古典新訳文庫)

著者:トーマス マン
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ガーディアン ハンニバル戦記(2006年、イギリス) | トップページ | ポール・ドハティ『教会の悪魔』早川書房 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/38296966

この記事へのトラックバック一覧です: トーマス・マン『ヴェネツィアに死す』光文社:

« ガーディアン ハンニバル戦記(2006年、イギリス) | トップページ | ポール・ドハティ『教会の悪魔』早川書房 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31