無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

コモ・レ・バ? Vol.6 Oct./Nov.2010

 本誌がターゲットとする年齢層は高めなのですが、そこまで年を重ねていない私にとっても読み応えのあるコンテンツはあります。
 例えば「テレビの時代 スター千一夜と旭化成」(P38-39)ではかつて「スター千一夜」なる人気テレビ番組があったことがわかります。吉永小百合、王貞治、浅丘ルリ子、坂本九、加山雄三など、私でも知っている大物が出演。あ、アラン・ドロンもいるぞ。
 それにしてもP38の石坂浩二は若いなあ。ヅラかと思ってしまうくらい髪の量が多い。

Comoleva

マリー・アントワネット(2006年、アメリカ)

監督:ソフィア・コッポラ
出演:キルスティン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン、ジュディ・デイヴィス、ジェイミー・ドーナン
原題:Marie-Antoinette
備考:第79回アカデミー衣装デザイン賞受賞

あらすじ…オーストリアから14歳でフランス王家に嫁ぎ、18歳でフランス王妃に即位したマリー・アントワネット。しかし夫のルイ16世は彼女と性交しようとしなかった。マリー・アントワネットはそのせいで肩身の狭い思いをし、鬱憤を晴らすかのように浪費をする。

 政治の話は最低限に済ませています。そのかわり頻出するのは綺羅星の如きファッションや、そんなに食ったら胸焼けするだろうっていうくらい甘そうなスイーツ(笑)など。
 政治や歴史に興味のある男性にとっては物足りなさを感じるかもしれませんが、この映画の主人公マリー・アントワネットの興味の対象がどちらの方にあったのかを考えれば、こういう描き方も悪くない。

 ところで、王弟に男子出産を先んじられて、マリー・アントワネットが隠し部屋で一人泣き崩れるくだりがありますが、このシーンでは手持ちのカメラで彼女を接写することで、ドキュメンタリーのような「臨場感」をもたらしてくれます。この演出は面白い。

マリー・アントワネット (通常版) [DVD] DVD マリー・アントワネット (通常版) [DVD]

販売元:東北新社
発売日:2007/07/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

大阪ガス「どっちかなんて選べない!ガスと電気のええとこどりCM」

 今回紹介するのは、「どっちかなんて選べない!ガスと電気のええとこどりCMコンテスト」の入賞作品です。

投稿者:acid_gagさん
作品名「エエトコ鳥」

 エエトコ鳥という青い鳥が、大阪弁でガスと電気の両方を使うことのメリットを説いているのですが、大阪のノリと思しきものが入っています。例えば「な、何このブサイクな鳥」と言われて「ほっとけ!」と返していますし、最後はちゃんとオチをつけています。娯楽性が高いと言えるでしょう。

 尚、「大阪ガスCM審査会 on Twitter」では、投稿されたCM作品にTwitterで投票することができます。気に入った作品が見つかったら、Twitterで投票してみてはいかがでしょうか。

プレスブログからの情報です。

Digipri

 もうすぐお正月がやってきますが、皆さんは年越しの準備はしていますか? ちなみに私はまだ手付かずです。う~ん、年賀状を書かないとなあ…。
 さて、今回紹介するのは年賀状印刷のDigipri(ディジプリ)です。Digipriでは最短3日後出荷、わずか5分で簡単作成ができるとのこと。
 私の場合、年末は大掃除やら整理やらで色々と忙しいですから、どうしても年賀状作成に割く時間とエネルギーが少なくなります(年賀状のデザインを凝ったものにする気がなくなる)。そこで年賀状を手早く用意しなければなりません。
 その点では、Digipriのように短時間で簡単に作成できるというのは実にありがたい。

 ところで、Digipriには携帯専用サイト『Digipriモバイル』があり、こちらは携帯電話で年賀状を作ることができます。携帯電話だと外出先でも作ることができるというメリットがあります。

DigipriPC版 ⇒ http://nenga.digipri.jp/
Digipriモバイル版 ⇒ http://mb.digipri.jp/postcard/

R25[アールニジュウゴ]2010 11.18 No.276

 本誌P22-25「今週の招待状」ではネット上に流れた情報の真偽を検証しています。それによると、神奈川県川崎市の外国人が子ども手当て590人分を申請し手続きは無事終了したというハナシはデマ、押尾学がツイッターを始めたのもデマ、などとありました。もちろん「ファミコンの“フーフー”は逆効果」(P25)といった「ホント」と判定されたものもあります。
 やはり、嘘は嘘であると、見抜ける人でないと…っていうことでしょうかねえ。私もネット上の情報に触れる機会が多いから気を付けねば。

R25

ウルトラマン

 株主総会の帰りに、後楽園でウルトラマンを発見。思わず撮影しました。

ウルトラマン

陳惠運・野村旗守『中国は崩壊しない 「毛沢東」が生きている限り』文藝春秋

 中国崩壊を説く本は何冊も読んできましたが、本書はその逆を説いています。中国は崩壊しない、と。

 この先、腐敗幹部の悪行がどれほど暴かれ、現政権への批判がいくら高まろうと、毛沢東神話が壊れない限り共産党の地位は揺るがない。そしておそらく、その日はまだ当分やって来ない。(P42)

 裏を返せば、中国人が持つ毛沢東神話(毛主席は神)が崩壊すれば中国も崩壊するということですか。
 神話、と聞くと近代合理主義の影響下にある人間は小馬鹿にするかもしれませんが、神話の力を侮ってはいけません。例えば現代でも、北朝鮮は金日成・金正日神話で国を保たせているくらいですからね(ちなみに今は金正恩神話も追加しようとしている)。
 では、毛沢東神話が崩壊する時とは、どんな時か? 愚考するに、それは中国人民が今よりもっと賢くなって、毛沢東を神様としてではなく歴史上の人物として客観的に見ることができるようになった時ではないかと。

中国は崩壊しない Book 中国は崩壊しない

著者:野村 旗守・陳 惠運
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

新宿御苑の紅葉

Dscn1129
 去年、新宿御苑で撮影したものです。枯れ葉が燃えるように映えているさまも面白いのですが、このように少し寂しげになっているのも味わいがあります。

ブログネタ: 【写真ネタ】あなたが撮った「紅葉」を見せて!参加数拍手

弁当

 弁当でおにぎりかサンドイッチかと問われれば、私は大体おにぎりを選択します。というのは、おにぎりの方が腹持ちがいいので、間食の誘惑に捕われるリスクを軽減できるからです。…まあ、サンドイッチは三時のおやつでもいいかも。

ブログネタ: お弁当、おにぎり派?サンドイッチ派?参加数拍手

安田元久『後白河上皇』吉川弘文館

 平家物語やその他諸文献によってある程度の知識はあったものの、本書を読んで驚いたことが一つあります。それは後白河法皇が平清盛に比叡山を攻撃させようとしていたということです。
 後白河院と比叡山延暦寺との対立の経過は長くなるので省略。

 そこで法皇は、さらに謀反人追捕という名文をたてて、清盛を福原から呼び出し、叡山攻撃を要請した。清盛は、はじめこれを受諾するのに躊躇したものの、明らさまに法皇に抵抗する情況でもなかったのであろうか、ついには出兵を承諾した。ここに平氏軍と延暦寺僧兵とを戦わせようとする法皇の計画、すなわち延暦寺と平氏一門との結託を破らせようとする法皇及びその近臣たちの策謀が、一まず成功するかに見えた。(P116-117)

 しかしこの直後、鹿ケ谷陰謀事件が「発覚」して、攻撃は沙汰止みになりました。
 もしも平家の叡山攻撃が行なわれていたならば、平家物語の中で挙げられる平清盛の罪状に、奈良の大仏焼き討ちと並んで比叡山攻撃が入っていたことになるでしょう。そうなれば、この数百年後に行なわれた織田信長による比叡山焼き討ちの評価も…おっと、空想が行き過ぎてしまいました。

【参考文献】
安田元久『後白河上皇』吉川弘文館

塩野七生『ローマ亡き後の地中海世界(下)』新潮社

 下巻ではコンスタンティノープルの陥落からレパントの海戦までの地中海世界を描いています(一応、レパント以後も書いていますが、そこは駆け足で済ませているという印象を持ちました)。
 イスラム側ではオスマン・トルコが海賊の後ろ盾となる一方、キリスト教側でもアンドレア・ドーリア(P112)や聖ステファノ騎士団(P281)などが出てきて反撃に転じたりしています。
 又、「第六章 反撃の時代」(P285-350)の前半部ではマルタ島の攻防(1565年)が描かれており、この部分は『ロードス島攻防記』の続編として読むことも出来ます。

【関連記事】
『ローマ亡き後の地中海世界(上)』

ローマ亡き後の地中海世界 下 Book ローマ亡き後の地中海世界 下

著者:塩野 七生
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ロードス島攻防記 (新潮文庫) Book ロードス島攻防記 (新潮文庫)

著者:塩野 七生
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

BloMotion終了のお知らせ

https://blomotion.jp/close.html

 詳細は上記URLをご参照ください。いやはや、残念ですな。

 BloMotionのおかげで音楽ライブを体験させてもらったのはいい思い出です。

夜の外出には反射材を着けようぃっしゅ!~DAIGOが反射材フェア2010に登場~(2010年、日本)

 この動画は、ポリスチャンネルで観ました。
http://www.police-ch.jp/yourtown/004/007039.php

出演:DAIGO

 2010年10月16日・17日に東京池袋で開催されたイベント「反射材フェア2010」の特別ゲストDAIGO登場シーンのダイジェスト版。
 私はこのイベントには行きませんでしたし、事前に知っていたとしても行くことはなかったでしょう。…というより、反射材でイベントが一つできてしまう方が驚きです。

マリオを脱がせるゲームをやってみた(2010年、日本)

 この動画は、ニコニコ動画で観ました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12780739

 スーパーマリオブラザーズのマリオの服を脱がせるだけの映像なのですが、そのマリオが…。私はホモではありませんが、ホモにとってはとてもウホッ、とはならないでしょうな。
 それにしても、乳首と陰毛の色が同じってどういうことなの…?

滝沢解『古神道 カミへのいざない』KKロングセラーズ

 神保町の古本祭りに行った際に100円で入手したのが本書なのですが、調べてみると1990年11月10日初版発行とあるから20年前に出たものだとわかります。
 それにしても20年も経っている割には紙の保存状態はいいですな。推測するに、長らく倉庫の片隅で眠っていたのではないでしょうか。
 さて、本書の内容についても少々。本書の各所にはイラスト(画・NAJYA)が数多く掲載されているのですが、色々とツッコミが入れられそうなものが見受けられます。P21の裸の女性は女性器がパックリと開いているし、P54「仁徳天皇の号泣」の仁徳天皇は鼻が高く描かれ長衣を着ているからどことなくヨーロッパ人っぽいし、P106の「スサノオ」は微妙にやさぐれているし…。
 又、占いについて述べたくだりではホーキングの虚数の理論からユングのシンクロニシティ、そしてUFO現象へと話が展開しており(P152-154)、自然科学の話やオカルト的な要素も入っているようです。

 古神道 カミへのいざない 古神道 カミへのいざない
販売元:セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

モーリス・ルブラン『怪盗紳士ルパン』早川書房

 「アルセーヌ・ルパンの逮捕」「王妃の首飾り」「ハートの7」「黒真珠」など短篇9本を収録したもの。
 その中の「遅かりしシャーロック・ホームズ」(P285)では名探偵シャーロック・ホームズが登場しますが、ここではルパンのかませ犬になっています(シャーロッキアンにはさぞ不本意なことでしょう!)。
 ホームズはルパンを捕まえられないのみならず、懐中時計を盗まれ、更に依頼人のもとへ来た時には既にルパンは仕事を終えた後だったのです。一応、ティベルメニル城の秘密の地下通路の謎解きはするものの、それはルパンがわざわざ置いていった手がかり(2つの『年代記』)を使ってのものだし、そもそもルパンは既に謎を解いた後でした。
 助手のワトスン医師が同行していなかったから、本来の力を発揮できなかったんでしょうかねえ。
 だけど、作家の立場になって考えてみれば、シャーロック・ホームズばりの名推理なんてなかなか書けるものではありません。観察力のみならず、そこから推理を展開する論理的思考が要求されるからです。

怪盗紳士ルパン (ハヤカワ文庫 HM) Book 怪盗紳士ルパン (ハヤカワ文庫 HM)

著者:モーリス・ルブラン
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

風邪治る

 風邪が治りました。いやーよかったよかた。

ホットファズ ―俺たちスーパーポリスメン!―(2007年、イギリス)

 この映画は、レンタルビデオで観ました。レンタルビデオ店でたまたま見かけて、映画評論家の町山智浩氏がこの作品を好意的に取り上げていたのを思い出し、ついつい借りてしまった次第です。

監督:エドガー・ライト
出演:サイモン・ペッグ、ニック・フロスト
原題:HOT FUZZ

あらすじ…ロンドンの敏腕刑事ニコラス・エンジェルは優秀すぎるあまり周囲から疎まれ、田舎のサンドフォードへ異動となる。ニコラスは署長の息子ダニーとコンビを組むが、一見平和に見えるサンドフォードには恐るべき犯罪が潜んでいた…!

 前半は小ネタを随所に盛り込んだコメディドラマ、後半は村人相手のガンアクションと、落差があります。しかも、田舎の老人たちがいきなりショットガンを持ち出して襲ってくるという「意外性」も面白い。
 又、ネタバレになるので詳述は避けますが、最後に白鳥があんな活躍を見せてくれるとは思いませんでした。ただの小ネタだと思っていたら伏線として見事に回収されていました。それにしてもアレはいい脇役ですな。

 ところで、DVDの特典にはNGシーン集があるのですが、その多くは役者がプッと吹き出してしまうというもの。堅物で仕事中毒のニコラス・エンジェルという役は真面目腐った演技が多く、その反動として笑ってしまうこともあるのでしょう。
 ちなみに、NGシーン集の最後のホモネタには私も笑っちゃいました。まあ、あの村には妙齢の独身女性が少ない(いてもビッチだったりする)から、同性愛に走るのも無理はないかも。

 ホットファズ ‐俺たちスーパーポリスメン!‐ ホットファズ ‐俺たちスーパーポリスメン!‐
販売元:セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

風邪引きました。

 とりあえず近況報告。風邪引いて数日前からフラフラです。

おさんぽ神保町 第10号

 神保町応援雑誌(無料)。
 特集は「第20回記念 神保町ブックフェスティバル」。ええ、行ってきましたよ、ブックフェスティバル(古本祭り)に…、というよりそこでこのフリーマガジンを入手したんです。
 ところで、読者優待サービス付ということで調べてみたら、中古CD専門店「ジャニス2」、「とんこつラーメン炎(en)」、カラオケ&パーティー「パセラリゾーツお茶の水店」の3店で優待サービスが受けられるようです(本誌持参が条件)。…3件だけ?

http://osanpo-jimbo.com/

おさんぽ神保町 第10号

モフセン・マフマルバフ『アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない 恥辱のあまり崩れ落ちたのだ』現代企画室

 著者はイラン人の映画監督兼作家で、代表作は映画「カンダハール」(2001年ユネスコ《フェデリコ・フェリーニ》メダル受賞)。
 内戦や飢饉でアフガン人がバタバタ死んでゆくのに対して、国際社会が無関心であることをバーミヤンの石仏を使って非難しています。

 ついに私は、仏像は、誰が破壊したのでもないという結論に達した。仏像は、恥辱のために崩れ落ちたのだ。アフガニスタンの虐げられた人びとに対し世界がここまで無関心であることを恥じ、自らの偉大さなど何の足しにもならないと知って砕けたのだ。(P27)

 しかしながら、この後911テロが起こって否が応でも国際社会はアフガニスタンに注目しなければならなくなったのは皆さんご承知の通り(※原書は911テロ前に発行。日本語訳は911テロ後に発行)。まだこれからも、アメリカ軍の撤退をめぐって注目される要素はありますが、その先はどうかというと…。
 やはり、アフガニスタンには著者(モフセン・マフマルバフ氏)のような発信力のある人間がもっと必要ですな。

アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない恥辱のあまり崩れ落ちたのだ Book アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない恥辱のあまり崩れ落ちたのだ

著者:モフセン マフマルバフ
販売元:現代企画室
Amazon.co.jpで詳細を確認する

torico ―トリコ― No.41 2010.10.28

 地域密着型フリーマガジン。巻末の「ラック設置店リスト(222点)」(P50)によると三軒茶屋や池尻大橋、桜新町などで配布されていることがわかり、このフリーマガジンは世田谷の東南部に密着しているようです。
 ですから、「読者が選んだ世田谷(秋)グルメ」(P6-7)で紹介されている飲食店も、三軒茶屋(八百屋のキッチン三軒茶屋店)、用賀(ORANGE DRIVE)、駒沢大学(与那原家)、二子玉川(炭太朗)、池尻大橋(琥珀の扉)、桜新町(La Pianta)と、世田谷の東南部に偏っています。
 ところで、私が注目したのは、P42の極小犬専門ショップ「Petit Dog PICO/プチドグ ぴこ」(桜新町1-7-12 ジュネス246B)。手のひらサイズの犬が存在するとは知らなかったし、そういう犬の専門店が存在する(極小犬市場が一定の規模で存在する)ことも意外でした。

Torico

バーネット洋子『ブランド品を持っていい人、悪い人』中公新書ラクレ

 ブランド品を買い漁る日本人に対する愚痴・苦言が延々と述べられています。
 ひるがえって我が身を見ると、服はユニクロ、ズボンは西友、エコバッグは東京国道事務所、腕時計は…ALBA? とまあ、こんな感じで、著者が嘆くような「ブランドを持ったサル」(P141)とは程遠い存在です。だから、ブランドを買い漁るイエローモンキーのあさましさも他人事ですな。
 そもそも私はブランドに対する執着心はない(私の服装を観れば一目瞭然!)、腕時計だって10年以上使い続けているくらい物持ちがいい。まあ、高級ブランド品を買うだけの金がないというのも事実ですが…。

ブランド品を持っていい人、悪い人 - 英国上流夫人のみた日本人 (中公新書ラクレ(186)) Book ブランド品を持っていい人、悪い人 - 英国上流夫人のみた日本人 (中公新書ラクレ(186))

著者:バーネット洋子
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

加藤紘一『テロルの真犯人』講談社

 2006年8月15日、加藤紘一衆議院議員の自宅兼事務所に、右翼団体幹部の65歳男性が放火するという事件が起きました。
 もちろん犯人はこの右翼団体の老幹部なのですが、加藤氏は考察を重ねて、その背後に「真犯人」を見出そうとしています。

 私には、彼もまた、この時代が生んだ犠牲者だと思えてならないのだ。彼にも、もっといい人生、もっといい老後を歩めるようにするのが、私たち政治家の仕事であると思う。
 ここで私がいいたいのは、この六五歳の老右翼活動家に対する怒りではない。
 非難すべきは彼を過激な行動に駆り立てた世の中の空気――過度にナショナリズムを沸き立たせようとする最近の風潮や政治的な流れである。
(P28)

 ところで、加藤氏は親中派の政治家だけあって、本書でも中国に関する記述は多い。もちろん、親中派だからチベットやウイグルには一切言及していませんけど。
 で、本書の中でこんな一節を発見しました。

 しかしその一方では天安門事件なども起きて、理解できない中国の一面も依然として残っている。(P55)

 なんと、東大法学部卒で外務省のチャイナスクール出身の加藤紘一代議士の頭脳をもってしても、天安門事件は理解できませんか! あ、ちなみに凡愚の私は天安門事件を、現代中国における、文化大革命に次ぐ黒歴史(※)だと「理解」していますよ~。

※黒歴史…他人からは触れられたくない、寧ろ消し去ってしまいたいくらい恥ずかしい過去のこと。

 テロルの真犯人 テロルの真犯人
販売元:セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

鈴木宗男・宮崎学・西部邁『日本と戦う』講談社

 鈴木宗男・宮崎学・西部邁による鼎談。巻末の奥付によると「二〇〇六年八月八日 第一刷発行」ということで、小泉政権末期に出版されたことがわかります。
 鈴木宗男氏が二世議員の話題の中で福田康夫氏を取り上げ、

 例えば、中曽根先生なんか見ても、じゃああれだけのお父さんで、弘文さんがあれだけのことをできるかというと、逆立ちしても無理ですよね。福田康夫さんにしたって、赳夫さんの域までいくかというと、私はいかんと思いますね。
 もし、間違って総理になったとしても、それは力のある総理・総裁ではないですよね。福田赳夫先生なんてのは一派をなしてですよ、しかも角福戦争なんて言われた、大変なしのぎあいをしてきて政権の座についた人ですから、やっぱり普段の訓練が違いますね。仮に今の康夫さんが総理になったとしても、派閥の領袖でもなければ、一グループのリーダーでもないわけですから。
(P97)

 と述べています。その後、福田康夫氏が「間違って」総理になりましたが、「力のある総理・総裁ではな」かったのはご覧の通り。この見通しは正しかったわけですな。
 ちなみに、

 「次の衆議院選では自民も民主も勝てない」鈴木(P233)

 という予測は外しています(民主が大勝)。まあ、自民党があれだけヘマやる(首相が二代続けて政権を放り出した)とは予想外でしたからね。

日本と戦う (現代新書ピース) Book 日本と戦う (現代新書ピース)

著者:西部 邁,宮崎 学,鈴木 宗男
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

小沢一郎ネット会見~みなさんの質問にすべて答えます!(2010年、日本)

 一昨日に引き続き、政治の動画を紹介します。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv31110371

出演:小沢一郎、角谷浩一、神保哲生、江川紹子、小菅信子

 文化の日(11月3日)にニコニコ動画で生放送されたものを、アーカイブで観ました。私はこの生放送をうっかり見逃してしまったのですが、こうしてアーカイブとして公開してくれているおかげで時間のある時にじっくり視聴することができて実にありがたいです。
 ちなみに本動画は約1時間半もの長さで、しかも生放送をそのままノーカットで出しています。冒頭で小沢氏がここに出演した理由を語っていますが、たしかにこれなら話をじっくり聞けるし、出演者も主張したいことをカットされずに伝えることができます。
 まあ、忙しい人は新聞やテレビが要約という名の下に「加工」した報道でガマンするしかないですけどね。いえ、大手メディアの報道を否定しているわけじゃないんですよ、広く浅くやるには大手メディアの出番なんですから。で、そうでないニコニコ動画はこういう狭く深いところ、いわゆるニッチをやるのが当然の戦略でしょう。

Color★Para【カラ★パラ】2010 Autumn vol.24

 下北沢で入手しました。
 これは何のフリーマガジンかな? と思って読んでみると、出てくるのはカラーコンタクトの数々。
 巻末のP34-35に「カラーコンタクト色比較 一覧表」があるのですが、ここに掲載されているカラコン(カラーコンタクト)の色は94種類。この方面に疎い私にとっては、こんなにバリエーションがあることが驚きです。

Colorpara

本当の尖閣 海上保安庁1~6(2010年、日本)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm12648731
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12648818
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12648910
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12649050
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12649152
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12649193

 YouTubeにアップされた動画は削除されましたが、ネット上の「有志」たちによってこのように別のサイトに転載されています。これをネット上では「拡散」というそうですが、これほどの衝撃映像は他の動画共有サイトにも「拡散」しているはずですので、もしこのリンク先の動画が視聴できなくなっていたとしても探せば見つかるでしょう。

 さて、今回は情報漏洩についてちょっと考えてみましょう(中国漁船の当たり屋っぷりについては他で散々言われているのでここでは言いません)。
 ペンタゴン(アメリカ国防総省)の機密情報がウィキリークスに流出した事件がありましたが、あれは内部の人間が流したものだそうです(ソース:TBSラジオ)。今回の件もおそらく、内部の人間による犯行(内部告発)ではないかと推測いたします。
 もちろん犯人さがしは今も役所の中でやっているんでしょうけれど、それよりも重要なのは機密情報が流出した後で政府がどう対応するかということです。対応いかんで危機管理能力が問われる、つまりこれ以上稚拙な後手後手の対応を取るのなら菅首相は政権を維持できないってことですな。
 ではどうすればいいのか? 愚民の一人として提案を一つ。もっと重要な機密情報を公開してしまえば、世間の耳目はそっちに行きますぜ。それに私のブログのネタも一つ増えることだし。

一番長持ちしている服

 高校のジャージ。十数年は使っています。…丈夫なんだなあ。

ブログネタ: 一番長持ちしている服を教えて!参加数拍手

小田急沿線 自然ふれあい歩道

 新宿で入手しました。
 小田急線沿線の散歩コース15項目を紹介したガイドブック。ただし、本誌に掲載されているコースの中で最も都心に近いものは「愛甲石田駅コース」(P1-2)と、どれもこれも都心からは相当の時間を必要とする場所にあります。たとえ小田急線沿線に住んでいる人でも行くのはちょっと大変な場合もあるでしょうな。
 とはいえ、本誌の裏表紙によると、Webサイトには全70コースがあり、その中には「新宿駅~向ヶ丘遊園駅エリア」のコースもあるので、散歩好きの方はそちらもチェックしてみるといいでしょう。

http://www.odakyu.jp/walk/

小田急沿線 自然ふれあい歩道

アイランダー2010

 本土を離れて島へ行ってみたい方へ。
 今回紹介するのは、11月27日・28日に池袋サンシャインシティ・文化会館で開催される島のイベントアイランダー2010です。公式サイトによると、北は北海道から南は九州・沖縄まで様々な島からの出展があります。
 …お、三宅島もありますな。
Miyake
 写真は「溶岩遊歩道」。
 三宅島観光協会のサイト(http://www.miyakejima.gr.jp/)にある地図をチェックしたら島の中央部は立ち入り禁止区域に指定されていました。さすがに危険を冒してそこまで行くことはありませんが、「溶岩遊歩道」で景観を堪能してみるのもいいかもしれません。
 で、私の場合、デジカメでその風景を撮影して、自作のゲームの背景画像に用いるかもしれません。山の風景は何枚も写真に収めていますが、それらの写真の多くは樹木が繁茂しており、溶岩が冷えて固まってからあまり時間が経っておらず荒涼とした雰囲気のものはないからです。


プレスブログからの情報です。

紅葉 in 都心

 紅葉の名所…というほどではないかもしれませんが、新宿御苑の紅葉もなかなか味わいがあります。まずはこちらの写真をご覧いただきたい。
新宿御苑の紅葉
 昨年の12月に私がデジカメで撮影したものです。入場料200円がかかりますが、都心のド真ん中でこういう景色を見られると思えば安いものです。


from プレスブログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31