無料ブログはココログ

« Highway Walker 東日本 2010.9 | トップページ | 株主優待ガイド2010年版 »

三島由紀夫『サド侯爵夫人・わが友ヒットラー』新潮社

 三島由紀夫の戯曲「サド侯爵夫人」と「わが友ヒットラー」を収録した文庫本。
 「わが友ヒットラー」は男社会の政治劇であるから男しか出てこないのはいいとして(ほんの付け足しのチョイ役として、誰ぞの奥方を登場させることは可能だったかもしれない)、「サド侯爵夫人」は女しか登場しない。のみならず、話題の中心となるサド侯爵さえも舞台には登場せず、もっぱら女たちの会話の中だけで描かれます。思い切ったことをしたものですなあ。
 ともあれ、女だらけの「サド侯爵夫人」と男だらけの「わが友ヒットラー」。この両作品は一対のものであると、この新潮文庫は主張しているようです。

 ちなみに、「わが友ヒットラー」の題材となったレーム事件(長いナイフの夜事件)についてはこちらを参照されたし(wiki)。

« Highway Walker 東日本 2010.9 | トップページ | 株主優待ガイド2010年版 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三島由紀夫『サド侯爵夫人・わが友ヒットラー』新潮社:

« Highway Walker 東日本 2010.9 | トップページ | 株主優待ガイド2010年版 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30