無料ブログはココログ

« レブン『東京 上等なランチビュッフェ』メイツ出版 | トップページ | 小西真奈美(2006年、日本) »

positive 石田純一(2006年、日本)

 この動画は、「code neo Vol.4」で観ました。
 石田純一曰く、

 俺なんか例えばすごくみんなにわかりやすいと思うんですけど、みんなに叩かれた時がありましたよね、マスコミとかに。でもそういう時も、絶対これは自分のためになると、すごく自分を強くしてくれるかもしれないし、磨いてくれているというふうな意識でいましたけどね。

 とのこと。
 これは「不倫は文化」の時のことを言ってるんでしょうか。確かに、あれで「石田純一はプレイボーイ」っていうイメージがお茶の間に定着してワイドショーで一定の地歩を固めましたからね。その点ではあの頃のバッシングも糧になっているようです。

code neo Vol.4

« レブン『東京 上等なランチビュッフェ』メイツ出版 | トップページ | 小西真奈美(2006年、日本) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/36650386

この記事へのトラックバック一覧です: positive 石田純一(2006年、日本):

« レブン『東京 上等なランチビュッフェ』メイツ出版 | トップページ | 小西真奈美(2006年、日本) »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31