無料ブログはココログ

« 北園大園『へんな古代生物』彩図社 | トップページ | 『観光ガイド 二本松』二本松市・二本松観光協会・二本松駅観光案内所 »

八重野充弘『埋蔵金伝説を歩く ボクはトレジャーハンター』角川学芸出版

 本書に引用されている畠山清行氏の手紙によれば、著者は「レジャー半分」(P61)で宝探しをやっており、全財産をつぎ込んで埋蔵金探しに熱中している人たちに較べれば一歩も二歩も引いて見ることができるから、その分「常識的」なのでしょう。
 例えば本書では何十メートルも地中深く掘る例が出てきますが、それに対して著者はこう述べています。

 ぼくはよく埋蔵金を掘る深さについて聞かれることがあり、いつも「ズバリ、五、六メートルがメド」と答えることにしている。秘密裏に埋蔵工事をやるためには、さほど人数を動員できないこと、いざというときには速やかに掘り出さなければならないこと、そして、昔の道具と技術を考慮すれば、どんなに大規模な工事をしていたとしても、それくらいが限度だ。(P180)

 この他にも、埋蔵金伝説に熱中している人の頭を冷やすような分析をしているので、埋蔵金に興味のある人は参考にしておいた方がいいでしょう。とはいえ、著者自身も埋蔵金伝説の夢とロマンに取り憑かれているんですけどね。

 …え? 私ですか? 私は徳川埋蔵金みたいなご大層な財宝を掘り当ててやろうなんて気はありませんよ。寧ろ、どうせ掘り当てるなら長屋王木簡のような史料的価値の高いものの方がいい。学術的探究心を満たせますから。

埋蔵金伝説を歩く―ボクはトレジャーハンター (角川地球人BOOKS) Book 埋蔵金伝説を歩く―ボクはトレジャーハンター (角川地球人BOOKS)

著者:八重野 充弘
販売元:角川学芸出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 北園大園『へんな古代生物』彩図社 | トップページ | 『観光ガイド 二本松』二本松市・二本松観光協会・二本松駅観光案内所 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/36230056

この記事へのトラックバック一覧です: 八重野充弘『埋蔵金伝説を歩く ボクはトレジャーハンター』角川学芸出版:

« 北園大園『へんな古代生物』彩図社 | トップページ | 『観光ガイド 二本松』二本松市・二本松観光協会・二本松駅観光案内所 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30