無料ブログはココログ

« ストライド エンドレスミント | トップページ | プラチナケーキを食べてみました。 »

塩野七生『ローマ亡き後の地中海世界(上)』新潮社

 西ローマ帝国滅亡後の地中海世界を描いたもの。地中海を中心にしてヨーロッパ(主にイタリア)とイスラム(サラセン)との攻防がつづられています。
 それにしてもサラセンの海賊によるキリスト教徒の拉致が中世からずーっと続いてきたというのには驚きました。本書によれば地中海から海賊が消えたのは、「西暦一八三〇年に、フランスがアルジェリアを植民地にしてから」(P303)だそうです。
 わが国でも北朝鮮による拉致問題があるのは皆さんご承知の通りですが、サラセンの海賊が経済活動(拉致して奴隷としてこき使う、身代金を取る)であったのに対して、北朝鮮はスパイ活動の一環としてやってきた点に違いがあります。
 しかし、国の対応の鈍さという点では共通していますな。

ローマ亡き後の地中海世界#上# Book ローマ亡き後の地中海世界(上)

著者:塩野七生
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ストライド エンドレスミント | トップページ | プラチナケーキを食べてみました。 »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/34678912

この記事へのトラックバック一覧です: 塩野七生『ローマ亡き後の地中海世界(上)』新潮社:

« ストライド エンドレスミント | トップページ | プラチナケーキを食べてみました。 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30