無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

上杉隆『政権交代の内幕 民主党は日本をどう変えるか』PHP

 麻生政権末期から、鳩山政権誕生直後までを扱った政治ルポ。
 本書は200ページ弱と、政治書にしては比較的薄く、書いてある内容も週刊誌などに掲載されていたものを加筆・修正したものであるから比較的平明でわかりやすい。
 又、記者クラブ批判を繰り広げる上杉氏らしく、本書のP145には「ついに記者クラブが崩壊する」とあります。現在、記者クラブはまだ存続していますが、大臣の会見がニコニコ動画で生中継されたりと、情報の独占が崩れているのは事実ですな。

 ところで、2009年の衆議院選挙で民主党が圧勝し、自民党が大敗したときのこと。

 一方、目を自民党に転じると、選挙直後の永田町では、自民党の大敗に対する落選議員の怒りと怨みが渦巻いていた。
 怒りの矛先は、主として森喜朗氏、安倍晋三氏、麻生太郎氏という三人の首相経験者に向かうことになった。その理由は、三人が文字どおり自民党の伝統とプライドをズタズタにしたからである。
(P16)

 あれ? 「あなたとは違うんです」という最後っ屁を放って政権を投げ出した福田ナニガシは? …まあ、あの人は影が薄いからどうでもいいか。
 今でもネトウヨの間では、安倍再登板・麻生再登板を期待する声がチラホラと出てくることがありますが、自民党内がこれでは両者の再登板は不可能といわざるをえないでしょう。

政権交代の内幕 (Voice select) Book 政権交代の内幕 (Voice select)

著者:上杉 隆
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

メトロガイド NO.132_2010 JUNE 6

 どこで入手したか忘れました。
 P16-17で東京大神宮(千代田区富士見2-4-1)を取り上げています。「縁結びに効くパワースポット」(P16)だそうな。
 東京大神宮には私も参拝したことがありますが、境内はさして広くないし社殿もそんなに古いものでもない。近代に入ってから造られたものであっても、明治神宮のように鬱蒼とした森でもあればともかく、そういったモノが見受けられなかったからなあ…。
 いえ、東京大神宮にケチつけてるわけじゃないですよ。これでも一応、敬神崇祖の念らしきものを持ち合わせているつもりですから。
 ただ、あそこがパワースポットだとこの記事で大きく取り上げられることに「?」の念が沸くのです。まあ、鰯の頭も何とやら…でしょうか。

Metroguide

【ラヂオ体操第4】(2010年、日本)

 この動画は、YouTubeで観ました。
http://www.youtube.com/watch?v=Ep4JAf8hECE

 ラジオ体操に70年ぶりの続篇が登場…と思いきや、動画の36秒あたりからすごいことに。この体操は3人揃わないと無理ですし、そもそも一般人には到底無理なハナシです。
 で、最後に「TAIKAN」との表示が。Reebokの商品「TAIKAN」のCMだということがわかります。

http://www.reebokjapan.com/products/taikan/rssft2010/

てんでんこ~津波防災教材~(2009年、日本)

 この動画は、ポリスチャンネルで観ました。
http://www.police-ch.jp/video/14/006320.php

制作:釜石市立釜石東中学校

 津波警報が発令されたら、てんでバラバラに逃げようというもの。
 演じているのは男子中学生たちなのですが、演技のド素人であるためセリフが棒読みです。これが10分25秒も続くのはちょっと辛い。

 最後に良かった点について。教材ビデオとして見ると、教えるべきポイントを突いており、それなりにまとまっていると思います。

事業仕分け 第2弾(5月21日)

 5月21日、五反田にて開催された事業仕分け第2弾に行ってきました。
 会場はTOCビル(品川区西五反田7-22-17)。以前、フリーマーケットか何かのイベントでこのビルへ来た記憶があります。
 セキュリティチェック(荷物検査と金属探知機によるチェック)をパスすると、当日の分の資料を受け取って会場へ。会場はワーキンググループAとワーキンググループBに分かれています。私は当初、宝くじ事業の仕分けが行なわれるワーキンググループBへ行ってみようと思ったのですが、注目されていた事業だけあって混雑していました。そこでワーキンググループBの方へ行ってみると、こちらは比較的空いていたので、こちらを傍聴することに決めました。

 さて、宝くじの裏でどんな事業が仕分けの対象にされていたのかというと、(財)浄化槽設備士センターの浄化槽設備士資格(試験・講習)。すごく…地味です。でも、地味だからといっておざなりにしていると、どこかの誰かさんによって、いいように食い物にされちゃうから気を抜くわけには行きませんな。

 財団法人浄化槽設備士センターは、浄化槽設備士の資格試験およびその講習を行なっているところなのですが、職員がたったの3人(常勤職員2人、非常勤職員1人)しかいない。ちなみに役員はその数倍の14人(うち天下りは5人)。
 これでよく仕事が回るなと思ったら、試験業務は(財)全国建設研修センターに委託、講習業務は(財)日本環境整備教育センターに委託しているとのこと。なんだ、この財団法人、自分でやってる業務は殆どないじゃん。
 というわけで、仕分け人たちの判定は「指定期間を1年以内に見直す」というものでした。
 とりあえず財団を統廃合しておきましょうか。そうすれば役員を減らせますし、それがひいては試験料・講習費用の値下げにも貢献するでしょうし。

 それから、次の(社)海外運輸協力協会の政府開発援助経済協力事業補助金(海外技術協力侵攻事業費補助金)の仕分けで省庁再編前から残る縦割り行政(旧運輸省!)を垣間見たり、更にその次の(財)リバーフロント整備センター(財)ダム水源地環境整備センター(いずれも国道交通省所管)の河川水辺の国勢調査の仕分けでは環境省との連携ができていなかったり、更に更にその次の(財)河川環境管理財団の河川関係の広報資料館(水辺共生体験館)の管理運営の仕分けでは典型的なハコモノの持て余しを見出したり…。
 それはそれは面白くてタメになる(他山の石という意味で)諸現象を見ることができました。

事業仕分け

 最後に、「民主党を仕分けしろ」という意見について少々。
 某有名動画共有サイトで事業仕分けを報じるニュース映像に、「民主党を仕分けしろ」というコメントがいくつも付けられているのを目にしました。
 それについて若干の反論をさせていただきます。そもそも民主党を仕分けするのは、蓮舫議員でも尾立源幸議員でもなく、我々国民です。有権者である我々国民が選挙で票を投ずることによって、縮減(議席減)や増伸(議席増)、廃止(壊滅的な惨敗)などの判定を下すのです。今年の夏に参議院選挙があるわけですから、そこで行動を示せばいいんです。

relations. 10 APRIL→JUNE 2010

 渋谷で入手しました。
 表紙を飾るのは…誰だ、この爺さんは? そう思って調べてみたら、P6-13に登場する仲代達矢とわかりました。なるほど、目のあたりを見ると確かに、私の記憶の中の仲代達矢と結びつきます。でも、街の中ですれ違っても気付かないでしょうなあ。

relations. 10 APRIL→JUNE 2010

【落書き】Yes,友愛

Neta_024_cocolog_oekaki_2010_05_25_

MARUNOUCHI THE PRESS vol.15 2010.3

 有楽町で入手しました。
 P8-11に米粉倶楽部の広告記事が掲載されているのですが、タイトルが「しなやかに仕事をこなす朝時間の『米粉フード』~ただいま、米粉男子増殖中~」。米粉男子が増えているのか知りませんが、男性ビジネスマンも朝食を作るべしというのはそこはかとなく理解しました。
 まあ、言われなくとも朝飯くらい自分で作れますよ。今朝はお茶漬け作って食べましたし。

 それはさておき、表紙を飾るのは、三菱一号館美術館(http://mimt.jp/)のミュージアムカフェのようです。で、この美術館では7月25日まで「マネとモダン・パリ」を開催中とのこと。
 マネか…。そんなに嫌いではないけど、観覧料1500円(一般)を払ってまで行きたいわけではないしなあ…。

MARUNOUCHI THE PRESS vol.15 2010.3

与謝野馨『堂々たる政治』新潮社

 表題の「堂々たる政治」の語は、本書の以下の部分にあります。

 本来なら、政治は国民の前に堂々と増税の可否と、その使い方の選択肢を提示しなければならないはずだ。そこから逃げるためにいろいろな幻想を振りまくということは、「堂々たる政治」とはいえない。(P170)

 ということは、今夏の参議院選挙で「たちあがれ日本」は、「増税の可否と、その使い方の選択肢を提示」するのでしょうか。まあ、そこは平沼氏や石原都知事とも相談しなければならんのでしょうが。
 ところで、著者は第五章 政治家の王道「役人は使いこなすべき」で、官僚をひとしきり擁護した後、

 「政治主導」という言葉は「政治家が何から何まで決めます」「細かいことまでやります」という意味ではない。政治主導とは、物事の行く末の方向を指し示すという意味だ。だから、政治家は方向性を間違えてはいけない。それこそが政治家の仕事である。
 そうして、示した方向性の結果については政治家が自ら責任を取る。あとは極端に言えば、酒を飲んで遊んでいてもいい。
(P141)

 言っちゃ悪いが、スピーチは官僚の作文を読み上げるだけ、法案の作成も官僚任せという古いタイプの政治家の言葉ですな。
 私は民主党政権下で行なわれた事業仕分けを拝聴しましたが(自民党も事業仕分けをしていましたが、一般傍聴は不可だったと記憶しております)、そこで汗をかいている政治家たちは与謝野氏が唱える「政治主導」とは異なる政治主導を発揮していました。天下り団体や二重行政の問題などの解決にはこうした作業の方が効果的だと思います。
 又、政治家が方向を指し示すだけでは、官僚が面従腹背で改革案などを骨抜きにしたら意味がないですし。

 それはさておき、本書には優れた点があります。それは、ちゃんと自分の言葉で語っているということです。
「何だ、当たり前のことじゃないか」
 と思うかもしれませんが、ゴーストライターが書いたとしか思えない程の内容の薄さを誇る、某総理大臣経験者の著書に較べれば、何倍も良心的です。
 ちょっと引用してみます。以下の文章は、初めて野党に転落した時のこと。

 帰国しても四谷の事務所で、午後になるといつも本を読んでいた。ふっと見たらウイスキーの瓶がある。昼間の三時ごろ、氷もないので水道水でウイスキーの水割りを作って飲んだ。実にうまい。野党になったときのお酒の味は格別おいしいと実感した。以降しばらくは、夕方になると酒を飲んでうさを晴らしていた。(P109)

 昼間から酒を飲んでいたことを堂々と述べるのは、本人にしかできない芸当です。名目上の著者を美化して描かないといけないゴーストライターだったら、この部分には目を瞑ってしまいますからね。

堂々たる政治 (新潮新書) Book 堂々たる政治 (新潮新書)

著者:与謝野 馨
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【落書き】( ● )

Neta_032_cocolog_oekaki_2010_05_22_

事業仕分け

 本日、事業仕分けに行ってきました。詳細は後日。

事業仕分け

ch FILES TOKYO EDITION 5 MAY 2010 File No.066

 このフリーマガジンは、渋谷で入手しました。
 以前、こちらにて取り上げたのでご記憶の方もいると思いますが、今回はP13-14の「高校生お悩み相談室 第15回」を取り上げることにします。
 今号ではSakyuさんが高校生からのお悩み相談4件に対して回答しています。よし、それならおじさんも勝手に回答しちゃうとするか(迷惑だろうけど)。

Q.付き合って8ヶ月になる彼氏がいるんですが、まだ手も繋いでいません。女性としての魅力がないのか不安です。自分からアクションを起こした方がいいんでしょうか?(まりも・高2)

 魅力がなければお付き合いはしないでしょう。でも、そもそも本当に付き合ってるのでしょうか? まりもちゃんが「付き合ってる」と思い込んでいるだけで、「彼氏」の方はそんなつもりは全くないという可能性はありますな。

Q.Salyuさんみたいな女性に憧れてます。理想の女性を教えてください!(キュピ・高2)

 それってお悩み相談じゃなくて質問です。お悩み相談の形式にするのでしたら、「どうすればSalyuさんのような素敵な女性になれるかわからず、夜しか眠れません。どうすればいいですか?」くらいにした方がいいでしょう。

Q.毎日が穏やかで、そんな日々に不安になります。このままでいいんでしょうか?(けん・高2)

 それが青春というものです。

 あと1件あるけど面倒になってきたので省略。どうだろう、雀の涙ほどは役に立ったでしょうか?

ch FILES TOKYO EDITION 5 MAY 2010 File No.066

http://www.ch-files.com/

FLYING POSTMAN PRESS VOLUME117 05 MAY 2010

 このフリーペーパーは、渋谷で入手しました。
 表紙を飾るのは岡村隆史、今月のテーマは「TRIP」。
 TRIPというとクスリによるトリップが真っ先に思い浮かびましたが、さすがにそんな反社会的な作りではなく、本紙で取り上げられているのは「合法的」なトリップです。例えば、映画「スラムドッグ$ミリオネア」(P3)や「2001年宇宙の旅」(P4)、ゲームソフト「MOTHER2 ギーグの逆襲」(P5)など。
 考えてみれば、映画館で映画を観るというのも、一種のTRIPですな。約2時間、閉ざされた暗い空間に座って、映画という異世界に浸るわけですから。

FLYING POSTMAN PRESS

http://www.flying-postman.com/

湯本豪一『図説 江戸東京怪異百物語』河出書房

 江戸・東京(明治時代)を舞台とした怪異譚百話を収録したもの。第一話が「置行堀(おいてけぼり)」(P8)と、いきなり有名な話が出てきたなと思ったら、「婚礼の夜の怪事」(P60)などのマイナーな怪談もあって、それはそれで楽しめました。
 又、それぞれの怪談に対して、『夜窓鬼談』や『やまと新聞』などの出典をちゃんと明記してあるのもいい。特に、新聞の場合は日付まで明記してあります。

図説 江戸東京怪異百物語 (ふくろうの本)

MC[ミューズクリップ] 2010 5/25

 この冊子は、新宿で入手しました。
 表紙を飾るのは、AKB48卒業生・大島麻衣。裏表紙を飾るのはシンガーソングライターのジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)。ビーバーの顔がやけに幼い感じがするな…と思っていたら、「現在16歳」(P38)か。
 さて、この冊子の中身は音楽CDや映画DVDなどの広告記事なのですが、その中に「劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル」(P17)を発見。この作品は試写会で観ました。
 P17の記事を読んで、試写会のことを思い出していると、ふとP16の記事が目に付きました。それは、ニンテンドーDS用ソフト「TRICK DS版 ~隠し神の棲む館~」(5月13日発売)の広告記事です。ゲームソフトも出るのか…。

MC[ミューズクリップ]  2010 5/25

『DSで恋愛小説。』

 ニンテンドーDSソフト『大人の恋愛小説DSハーレクインセレクション』(税込価格3800円)のお試し用小冊子。ソフトの紹介とともに、短編小説「シンデレラの願い」「指輪はささやく」の2作品を収録しています。尚、このゲームソフトには「指輪はささやく」は収録されていますが、「シンデレラの願い」は収録33作品の中には入っていません。

 さて、「シンデレラの願い」(P13-37、リズ・フィールディング作)について少々。これは25ページと短い作品で、私はちょっとした時間に読み切ってしまいました。
 内容を簡単に紹介しますと、高級レストランを舞台に、ウェイトレス(ポリー)と支配人代理(ルーク)の恋愛です。
 仕事中にルークがポリーを必要以上に見ていたり、職権を濫用してランチに誘ったり…。これがルークのようなイケメンじゃなくて、キモメン・ブサメンだったとしたら、セクハラとして問題になっていたかもしれませんな。

 尚、「指輪はささやく」(P39-81、デイ・ラクレア作)については省略。

DSで恋愛小説。

「服を洗ったらファーファに怒られた」(2010年、日本)

 この動画は、ニコニコ動画で観ました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10423079

 某柔軟剤のマスコットキャラクター「ファーファ」に、某アニメのキャラ(CV:釘宮)を合成させたもの。
 怒っているファーファも、ツンデレファーファも可愛いです。

プラチナケーキを食べてみました。

 今回紹介するのは、Uchi Cafe SWEETS「プラチナケーキ モンブラン」(税込価格210円)です。コンビニのローソンで購入し、近くの公園のベンチに座って食べてみました。

Pcake

 スプーンをケーキの中に入れ、中身を覗いてみると、スポンジの上にクリームがたくさん乗っているのに気付きます。スポンジとクリームの比率は、ざっと見たところ、およそ1:2.5といったところでしょうか…と思ったら、中央部分はスポンジが膨らんでいる形となっていて、クリーム部分を大量に食べるはめに陥る事態は避けられました。
 さて、さっそく口の中に入れてみると、マロンの味が程よく舌の上に広がってゆきます。クリームだけを食べると甘味が強く感じられるのですが、スポンジ部分と一緒に食べることによって甘味のみならず栗の味もちゃんと認識できるようになります。
 と、そうこうしているうちにケーキを完食。私は体格がいいので胃袋もそれなりに大きいと自負しているのですが、それでもこのケーキは食べ応えがありました。

 尚、プラチナケーキはこのほかにもティラミスやマンゴーなどがあります。詳細はUchi Cafe SWEETSをご覧下さい。

Recept

塩野七生『ローマ亡き後の地中海世界(上)』新潮社

 西ローマ帝国滅亡後の地中海世界を描いたもの。地中海を中心にしてヨーロッパ(主にイタリア)とイスラム(サラセン)との攻防がつづられています。
 それにしてもサラセンの海賊によるキリスト教徒の拉致が中世からずーっと続いてきたというのには驚きました。本書によれば地中海から海賊が消えたのは、「西暦一八三〇年に、フランスがアルジェリアを植民地にしてから」(P303)だそうです。
 わが国でも北朝鮮による拉致問題があるのは皆さんご承知の通りですが、サラセンの海賊が経済活動(拉致して奴隷としてこき使う、身代金を取る)であったのに対して、北朝鮮はスパイ活動の一環としてやってきた点に違いがあります。
 しかし、国の対応の鈍さという点では共通していますな。

ローマ亡き後の地中海世界#上# Book ローマ亡き後の地中海世界(上)

著者:塩野七生
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ストライド エンドレスミント

 今回紹介するのは、キャドバリー・ジャパン株式会社が新たに発売するシュガーレスガム「ストライド エンドレスミント」です。
ストライド
 まず、箱を鼻に近づけて匂いを嗅ぐと、ミントの香りがします。開ける前からここまで香るとは…。
 次に箱から一つ取り出して銀紙を撮り、口に入れます。すると、ミントの香りが口の中に広がり、それが鼻から抜け出るようです。一方、味の方はというと、甘さは控え目だなという印象を受けました。
 又、ちょっとした所用で外出した時に、このガムの箱をジャケットの内ポケットに入れて持ち歩いたことがあったのですが、時折、ミントの香りが内ポケットからほのかに漂ってきて私の鼻腔をくすぐりました。

http://www.stride-s.com

【落書き】ウホッ、

Neta_024_cocolog_oekaki_2010_05_11_

宮田律『ドバイの憂鬱』PHP

 バブル崩壊後のドバイ及び湾岸諸国(サウジアラビアやカタールなど)の状況を述べたもの。
 本書を読んでいて、「つまらないな~」と思いました。どうしてつまらないのかと思って文章をよくよく読んでみると、冒頭の「まえがき」以外に著者の体験を語った部分は見当たらず、経済アナリストのレポートのように淡々とデータと分析を書き連ねているだけだというのを発見しました。
 「まえがき」によると著者はドバイに行ってドバイ商工会議所のスポークスマン(P10)などに会ったりしているのに、まえがき以外の本章ではそういった「ドバイ体験」とリンクさせて語ることをしていません。これはあくまで私の勝手な推測ですが、まえがきと本章を書いたのは別々の人物じゃないか…。そんな印象を受けました。

 とはいえ、例えば下記の引用文のように具体的な数値が豊富に盛り込まれているので、資料的価値はあるのではないかと思います。

 現在、ドバイの不動産市場は混乱のなかにあるといってよい。融資の減少、また投資家の否定的ムードによって、不動産契約は一挙に落ち込んでいった。ドバイ土地省によれば、二〇〇八年一二月には一三六件の土地売買しか行われなかった。これは、前年一二月の三六一件と比較すれば著しい落ち込み方で、六二%も下がったことになる。(P32)

 又、バブル崩壊前のドバイを描いた、福田一郎『ドバイにはなぜお金持ちが集まるのか』と読み比べてみるのもいいかもしれません。

ドバイの憂鬱 (PHP新書) Book ドバイの憂鬱 (PHP新書)

著者:宮田 律
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

戸矢理衣奈『エルメス』新潮社

 本書は高級ブランド・エルメスの勝因が何なのか分析したものです。
 では、エルメスはなぜ勝ち続けているのか? その理由の数々を一々列挙していると長くなるので、ここでは3点だけ取り上げます。

(1)ライセンス生産をしない
 商品は全て自社で生産することによって、高い品質を保ち、希少性を高める。大量生産が可能な工業製品や、たくさん売り捌きたい商品では到底出来ないことです。

(2)エスプリ
 本書の第6章では「エルメスのエスプリ」(P119-139)と題して、エルメスがどんなエスプリを利かせ、それがどんな魅力を持っているのかを述べています。
 ここでまず、一般的な概念としてのエスプリを理解していな人間はついてこれません。

(3)高度な知識・教養
 又、エルメスの製品には高度な知識・教養を必要とするものもあります。例えばスカーフ「球形が奏でる音楽」について、このような説明があります。

 傑作との評判が高い「球形が奏でる音楽」(1996年春夏)は、ヴィオラを中心に数式、円などの幾何学文様、原子、五線、音符などがデザインされたものだ。ここにはピタゴラスの数論と、弦楽器の名匠ストラディヴァリの実践が絵画化されている。(P132)

 ご理解いただけたでしょうか? ピタゴラスやストラディヴァリの名前くらいなら聞いたことはあるかもしれませんが、詳しいことは知らない…という方が多いのではないでしょうか。かく言う私もよく知りません。ましてや、この両者を結びつける思考回路さえ理解していません。
 わかる人には、わかるんでしょうなあ…。

エルメス (新潮新書) Book エルメス (新潮新書)

著者:戸矢 理衣奈
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

スポーツゴジラ 第12号

 このフリーマガジンは、神保町で入手しました。
 以前、東京オリンピックを特集した号を取り上げましたが、その後、落選したのは皆さんもご承知の通りです。
 さて、今号では「引退」を特集しており、山下泰裕(P4-8)、田淵幸一(P13-18)、王貞治(P19-23)、太田章(P24-27)などといった錚々たる顔ぶれの引退を取り上げています。
 又、P9-12「名選手の引退の挨拶」では、長嶋茂雄、千代の富士、原辰徳、アントニオ猪木、新庄剛志、高橋尚子と、これまた豪勢な面々の引退の挨拶を掲載しています。
 昭和を回顧するテレビ番組などでよく、長嶋茂雄引退セレモニーでの「我が巨人軍は永久に不滅です」のフレーズだけが切り取られて放送されますが、本誌では挨拶全文が掲載されており、このフレーズの前に「私は今日ここに引退しますが」という言葉が入っていることなどがわかります。

スポーツゴジラ 第12号

http://sportsnetworksjapan.com/

エンオク

 今回紹介するのは、オークションサイト「エンオク」です。
 サイトをチェックしてみると、トップページの「最新開催中オークション」では現在進行形のオークションの数々が表示されています。テレビにデジカメ、某有名ブランドの財布などなど…。
 尚、これらはペニーオークション(手数料を支払って入札すると、商品の価格が上がって入札時間が数秒延長される)形式で行なわれています。この様子を眺めているだけでも面白いかもしれません。ペニーオークションの経験がない、もしくはあまり経験がない人は、まずはこちらを眺めて値動きなどをつかんでおいた方がいいでしょう。

BUAISO[ブアイソー] APR 2010 no.23

 このフリーマガジンは、神保町で入手しました。
 表紙を飾るのはラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンの佐藤可士和、トップインタビューが華道未生流笹岡次期家元の笹岡隆甫(P5-7)とあり、
「アート系の雑誌かな?」
 と思ったら、「NTパートナーズ」(P10-11)や「金融多論」(P12-13)といった硬派な経済関係の記事もあり、更にはP36-38の広告には紳士用ジャケットが掲載されています。
 ここから推理すると、本誌のターゲットはアートに興味を持つ男性ビジネスマンのようです。

BUAISO

【落書き】レッドボール

Neta_036_cocolog_oekaki_2010_05_05_

JG[ジェイジー] April.2010 vol.39

 このフリーマガジンは、新宿で入手しました。
 新宿・新宿御苑・四谷エリアのタウン情報誌です。
 今号の特集は「お花見マンとお花見子ちゃんのお花見エブリデイ」(P4-9)。新宿御苑でのお花見スポットと、春の宴会におすすめの飲食店とを紹介しています。

 この記事が発表される頃には、新宿御苑の桜はすっかり散っていることでしょうが、新宿御苑の花見に行ったことのある者として一つアドバイスさせていただきます。
 それは、桜が咲く季節には大混雑となり、P4-5の写真にあるようなゆったり感は望むべくもないだろうということです。新宿御苑は入場料200円(大人)のため、入場無料の上野公園よりは混雑具合は幾分マシですが、それでも人であふれかえっていることに変わりはありません。それ相応の人込みはご覚悟下さい。

JG[ジェイジー] April.2010 vol.39

http://shinjg.jp/
(携帯サイト)

池上彰『知らないと恥をかく世界の大問題』角川書店

 現在の世界情勢を比較的わかりやすく解説したもの。2009年11月初版発行という、わりと最近出されたものであるためか、第6章は去年発足したばかりの鳩山民主党政権のことに割かれています。
 本書は新書形式であり、頁数は200ページ未満。そして世界経済や国際政治、更には国内問題など幅広く取り扱っているため、総じて掘り下げが広く浅くとなっています。
 例えばロシアのプーチン大統領…じゃなかった、プーチン前大統領についての記述。

 ロシア国民は「国の発展はプーチンのおかげだ」と思っているのですが(本当は資源高のおかげなのに……)、大統領の任期は2期まで。(P68)

 プーチンの人気の理由に触れているのはここだけ。これだけでは、プーチンがなぜロシア国民に支持されているのか、充分にわからないかもしれません。とはいえ、詳しく知りたければ専門書を当たればいいわけで、従って本書は入門書として読むべきものと思われます。

知らないと恥をかく世界の大問題 (角川SSC新書)

『Be-VAP 158 4月号』

 秋葉原の家電情報誌。
 「パナソニックが3Dビエラ&ディーガ 4月に同時発売」(P10-13)、「ソニーから3D対応『ブラビア』6月にも登場!」(P14-17)と、3D映像対応のテレビが続々と出てくるということがわかります。
 値段を見るとプラズマテレビビエラ54V型 TH-P54VT2(4月23日発売)の市場想定価格が「53万円前後」(P13)とのこと。
 とりあえず、お金持ちがたくさん買って、値段を下げてください。庶民が買うのは手の届く価格になってからです。
 あ、でも、その前に3D対応の魅力的な映像コンテンツが大量に必要ですな。

Be-VAP 158 4月号

『REAL SCALE VOL.10』CITIZEN

 シチズンが発行するフリーマガジン。
 P9では、シチズン×福山雅治の広告が世界各地(東京、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドン、ドバイ、香港)に登場したところを紹介しています。
 ちなみに福山雅治さん本人は今号(VOL.10)では一切出てきません。「『龍馬伝』の撮影で毎日お忙しい福山さん」(P9)とあるので、このNHK大河ドラマの撮影が終わるまでずっとこの調子じゃないかと推察いたします。

REAL SCALE VOL.10

http://realscale.jp/

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31