無料ブログはココログ

« たちあがれ日本 結党 記者発表会 1(2010年、日本) | トップページ | 『中央公論Adagio 19号 2010/2月』中央公論新社 »

アガサ・クリスティー『そして誰もいなくなった』早川書房

 ミステリーの古典中の古典ともいうべき作品。主要な登場人物10人全員が死んでしまうのが、本作の特徴です。
 10体あったインディアンの人形が、一人殺されるごとに一つずつなくなってゆくさまを見ていると、逆に、
「インディアンの人形がまた一つなくなったら、また一人死んだんだ」
 と思わせる仕掛けになっていて、その心理を利用したトリックが使われるんじゃないか…。
 そう思いながら読み進めていたら、最後の真犯人の手紙に至って、
「そのトリックが使われたのはそっちかよ! 俺はてっきり○○の方かと思ったよ!」
 と心の中で突っ込んでしまいました。尚、ちょっともどかしいですが、ネタバレ防止のためにこれ以上は言えません。

そして誰もいなくなった #ハヤカワ文庫―クリスティー文庫#

« たちあがれ日本 結党 記者発表会 1(2010年、日本) | トップページ | 『中央公論Adagio 19号 2010/2月』中央公論新社 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/34202053

この記事へのトラックバック一覧です: アガサ・クリスティー『そして誰もいなくなった』早川書房:

« たちあがれ日本 結党 記者発表会 1(2010年、日本) | トップページ | 『中央公論Adagio 19号 2010/2月』中央公論新社 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30