無料ブログはココログ

« 『環境活動のご紹介』レシップ株式会社 | トップページ | 『日赤とうきょう 2010年3月1日発行 Vol.420』日本赤十字社 »

原宗子『環境から解く古代中国』大修館書店

 環境学の観点から古代中国史を読み解いたもの。
 例えば殷代の華北は象や玳瑁が棲息するほど温暖だった(P6)とか、『三国志』の時代は「前後の時代の中では、相対的に最も年平均気温が低かったのではないか」(P205)などと述べられています。
 又、灌漑によって塩類集積が発生し、再生アルカリ化する(P145-146)といった話も述べられているのですが、こちらの方は理系ではない私にはちょっと難しかったです。

環境から解く古代中国 (あじあブックス)

« 『環境活動のご紹介』レシップ株式会社 | トップページ | 『日赤とうきょう 2010年3月1日発行 Vol.420』日本赤十字社 »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/34094930

この記事へのトラックバック一覧です: 原宗子『環境から解く古代中国』大修館書店:

« 『環境活動のご紹介』レシップ株式会社 | トップページ | 『日赤とうきょう 2010年3月1日発行 Vol.420』日本赤十字社 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31