無料ブログはココログ

« アガサ・クリスティー『そして誰もいなくなった』早川書房 | トップページ | アドルフ・ヒトラー『わが闘争(上)』角川書店(3) »

『中央公論Adagio 19号 2010/2月』中央公論新社

 神保町で入手しました。
 P11に京極夏彦氏のインタビュー記事がありました。最新作『数えずの井戸』(中央公論新社)について語っています。

 時を分断することで時間が生まれるように、私たちは数えることで世界を理解しようとします。そして数えることは、ある意味呪術的な行為でもあるんです。一から十で世界は完成する。そう考えると、常に「九」で止まる皿屋敷怪談は、未完成であるがゆえに永遠なのかもしれません。(P11)

 う~ん、哲学的ですな。
 私はまだ『数えずの井戸』を読んだことはありませんが、京極作品には理屈をこねくり回す部分がよく出てきますから、本作でも同様なのは想像に難くありません。
 諸般の事情によりすぐに本書に取り掛かることはできませんが、そのうち機会があったらこのブログでレビューしたいと思います。

Adagio

http://www.adagio-tokyo.com/

【京極夏彦関連記事】
冒険小説 今昔続百鬼――雲
幽談

« アガサ・クリスティー『そして誰もいなくなった』早川書房 | トップページ | アドルフ・ヒトラー『わが闘争(上)』角川書店(3) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/34230292

この記事へのトラックバック一覧です: 『中央公論Adagio 19号 2010/2月』中央公論新社:

« アガサ・クリスティー『そして誰もいなくなった』早川書房 | トップページ | アドルフ・ヒトラー『わが闘争(上)』角川書店(3) »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31