無料ブログはココログ

« 20100215 NBC 政見放送 松下みつゆき氏(2010年、日本) | トップページ | 『幻想世界の神々 イラスト大事典』宝島社 »

熊野聰『ヴァイキングの経済学 略奪・贈与・交易』山川出版社

 北欧のヴァイキングの経済活動がどのようなものであったかを、アイスランドのサガなどをもとに解明してゆくものです。
 貨幣経済には至っておらず(銀による度量衡はあった)、物々交換(P157では小間物の代金としてチーズが使われたという記述がある)で、しかも武力を背景とした取引(代価を置いてゆく略奪など)もあったという。
 未開の社会経済がどんなものであるかを知りたい場合、一つの例として参考になるのではないでしょうか。

ヴァイキングの経済学―略奪・贈与・交易 (historia)

« 20100215 NBC 政見放送 松下みつゆき氏(2010年、日本) | トップページ | 『幻想世界の神々 イラスト大事典』宝島社 »

書評(経済)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!ご無沙汰しております。
ヴァイキングの経済活動の話は、
興味深いです。

貿易の仕事が長いせいか、
自然と貨幣(特にお金の機能)の話に、
アンテナをはりがちです。

チーズで小間物代の代金を
支払うという話も面白いですね。

>earthdreaming様
コメントありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/33743278

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野聰『ヴァイキングの経済学 略奪・贈与・交易』山川出版社:

« 20100215 NBC 政見放送 松下みつゆき氏(2010年、日本) | トップページ | 『幻想世界の神々 イラスト大事典』宝島社 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31