無料ブログはココログ

« 『平和への思い』日本戦災遺族会 | トップページ | メトロガイド No.129_2010 MARCH »

大澤武男『青年ヒトラー』平凡社

 ヒトラーがなぜ狂気の独裁者となったのかを、ヒトラーの青年時代から探り出そうというもの。
 青年期のヒトラーについては、『わが闘争』を読むことで、『青年ヒトラー』の第2章で描かれる「失意のウィーン時代」はある程度知っていましたが、「初恋のシュテファニー」(P44)などは初めて知りました。まあ、政治書には自分の生い立ちを書くことはあっても、自らの恋愛体験までは書きませんからね(山崎拓氏なら自慢げに書くかもしれない)。

 さて、アドルフの政治活動開始時点で明らかにされた反ユダヤ思想は、ちょっと冷静に考察すれば、いかに事実と客観性に欠けているかは誰にでもわかる。(P203)

 はい、私も『わが闘争』をちょっとばかり読んでみて、そのことはわかりました。詳細は『わが闘争』のレビューに譲ることにしますが、ナチズムの反ユダヤ思想が「事実と客観性に欠けている」点は、読むのが難しい『わが闘争』を読み進める上での一つの突っ込みどころとなっています。

青年ヒトラー (平凡社新書) Book 青年ヒトラー (平凡社新書)

著者:大澤 武男
販売元:平凡社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 『平和への思い』日本戦災遺族会 | トップページ | メトロガイド No.129_2010 MARCH »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/33884253

この記事へのトラックバック一覧です: 大澤武男『青年ヒトラー』平凡社:

« 『平和への思い』日本戦災遺族会 | トップページ | メトロガイド No.129_2010 MARCH »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31