無料ブログはココログ

« インビクタス/負けざる者たち(2009年、アメリカ) | トップページ | 戸棚からDVDを発掘 »

福田一郎『ドバイにはなぜお金持ちが集まるのか』青春出版社

 著者はドバイ在住の財界人(コンサルティング業)で、2008年5月15日発行。内容は簡単に言ってしまえば「ドバイがいかに素晴らしいか」を述べたものです。
 本書はリーマン・ショック(2008年9月)やドバイ・ショック(2009年11月)の前に書かれており、ここに描かれているドバイはバブルがはじける前のバブリーなドバイです。その点を踏まえて読んだ方がいいでしょう。
 又、著者が好意的に評価しているドバイの特徴も、うまく行っているときはいいかもしれないが、デメリットも当然あるはずだし、裏目に出ることもあるでしょう。例えば、

 日本ではいくら政治に興味がなくても、政権交代や各種選挙の結果などが個人の生活に何らかの影響を与える可能性があり、政治と完全に無縁な社会生活を送ることは不可能である。海外に住んでいても、当該国の政治に影響される部分は多少なりともある。
 その点ドバイは(いい意味で)シェイク(首長)による独裁であるため、政治などの難しい部分はシェイクに任せておき、庶民は自分たちの生活やビジネスに専念すればいい。
(P83)

 世襲の独裁者が安定した名君ならばともかく、凡庸であったり暗愚であったり暴虐であったとしたら…? あるいは独裁者の席を巡ってお家騒動が起こったら…?
 民主主義体制なら、問題のあるリーダーは選挙で引き摺り下ろすことが出来ますが、ドバイにはそういう歯止めがないようです。

ドバイにはなぜお金持ちが集まるのか (青春新書INTELLIGENCE) Book ドバイにはなぜお金持ちが集まるのか (青春新書INTELLIGENCE)

著者:福田 一郎
販売元:青春出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« インビクタス/負けざる者たち(2009年、アメリカ) | トップページ | 戸棚からDVDを発掘 »

書評(経済)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/33270673

この記事へのトラックバック一覧です: 福田一郎『ドバイにはなぜお金持ちが集まるのか』青春出版社:

» 離婚の悩みを渋川良幸が解決 [離婚カウンセラー・渋川良幸の離婚問題解決法]
渋川よしゆきの「15,000人の離婚問題解決法」は無駄な費用も時間もかからずスピーディーな離婚が可能です。しかも自分で思っている条件で離婚できます。弁護士に依頼するのは最後の最後、まずは自分でやってみましょう。 [続きを読む]

« インビクタス/負けざる者たち(2009年、アメリカ) | トップページ | 戸棚からDVDを発掘 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30