無料ブログはココログ

« 町山智浩『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』文藝春秋 | トップページ | 座頭市関所破り(1964年、日本) »

加藤廣『信長軍団に学ぶ処世の法則』PHP

 加藤廣といえば『信長の棺』や『謎手本忠臣蔵』を書いた小説家ですが、本書の「まえがき」によると著者は、
   サラリーマン → 経営コンサルタント → 小説家
 となっており、本書は自分のサラリーマン時代と経営コンサルタントで培ったノウハウをもとに、織田信長の軍団を例にとって「サラリーマンは会社の中でいかに生きるべきか?」を説いたものです。
 柴田勝家が中高年組、荒木村重が中途採用組、羽柴秀吉と明智光秀が台頭する若手か…。で、その彼らがいかに処すべきだったか(この中で唯一の「成功者」羽柴秀吉の場合はいかにして成功したのか)を分析しています。
 さて、ビジネスマンの皆さんは、誰に自分を重ね合わせますか?

【関連リンク】
『信長の棺』
『秀吉の枷(上)』
『秀吉の枷(下)』
『明智左馬之助の恋』
『謎手本忠臣蔵(上)』
『謎手本忠臣蔵(下)』

 加藤廣/信長軍団に学ぶ処世の法則 加藤廣/信長軍団に学ぶ処世の法則
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

« 町山智浩『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』文藝春秋 | トップページ | 座頭市関所破り(1964年、日本) »

書評(経済)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/32793850

この記事へのトラックバック一覧です: 加藤廣『信長軍団に学ぶ処世の法則』PHP:

« 町山智浩『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』文藝春秋 | トップページ | 座頭市関所破り(1964年、日本) »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30