無料ブログはココログ

« チューブとニコニコ、録り放題2 | トップページ | 新日本製鐵『NIPPON STEEL 2009 環境・社会報告書』 »

『魚沼 高原の家のひみつ』魚沼地域木材普及協同組合(準備会)

 この冊子は、エコプロダクツ2009で入手しました。
 発行の魚沼地域木材普及協同組合(準備会)の「お問い合わせ先」の項目に電話とFAXの番号があるだけで、HPのURLとかメールアドレスといったハイカラなものは書かれていません。ひょっとしてサイトがないのかな?
 そこで試しにグーグル先生に訊いてみると…メールアドレスは遠藤工務店のページにて発見できましたが、専用のサイトはありませんでした(平成21年12月現在)。

 さて、この冊子の中身についてですが、「高原の家のひみつ」とはズバリ、EDS工法にある、と言えます。では、EDS工法とは何か?
 EDS工法の解説は、この冊子のP2最下部とP5上部の2箇所にあり、しかも文章は全く同じです。大事なことなので2度言ったようです。

 木材の持っている欠点(割れ、曲がり、収縮、ヤニ等)を除去・緩和する改良技術です。熱源には、化石燃料や石油化学材料を一切使用しません。

 具体的にどうするのか不明ですが、何らかの方法で木材を加熱するようです。そもそもこの冊子を読む限りでは、EDSが何の略称かすらもわからない…。

魚沼 高原の家のひみつ

« チューブとニコニコ、録り放題2 | トップページ | 新日本製鐵『NIPPON STEEL 2009 環境・社会報告書』 »

書評(経済)」カテゴリの記事

コメント

 EDS研究所は。前橋市の赤城山の麓にある会社です。愛知万博の日本館を竹のドームで覆いましたが、その素材提供と設計と施工を、この会社が行いました。
www.eds-lab.jp   で会社とEDS工法が紹介されています。

>DANSK様
情報提供ありがとうございます。
あの冊子は作りがユルかったので、
その点にツッコミを入れさせていただきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/32711722

この記事へのトラックバック一覧です: 『魚沼 高原の家のひみつ』魚沼地域木材普及協同組合(準備会):

« チューブとニコニコ、録り放題2 | トップページ | 新日本製鐵『NIPPON STEEL 2009 環境・社会報告書』 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31