無料ブログはココログ

« 榎本秋『徹底図解 戦国時代』新星出版社 | トップページ | フルボニィーシャンプー »

加藤廣『秀吉の枷(上)』日本経済新聞社

 『信長の棺』が太田牛一の視点から本能寺の変を描いているのに対し、こちらは羽柴秀吉(豊臣秀吉)の視点から描いています。
 ネタバレを避けるために詳しくは言えませんが、『信長の棺』では充分に明らかにされなかった「桶狭間山の合戦」の謎もここで明らかになります。まさか忍犬を出してくるとは…。
 ところで、上巻の前半で秀吉は、信長に対して、黒田官兵衛の子・松寿丸(後の黒田長政)という弱み(信長は官兵衛が荒木村重に寝返ったと信じて、人質の松寿丸を殺せと命じた)や、本能寺の地下の抜け穴を作るという秘密を握るなどによって精神的に優位に立ってゆくさまが描写されています。と同時に、織田信長の人物像が矮小化してゆきます。
 「弱み」はともかく、「秘密」は、本能寺の変の後に「枷」となって秀吉を苦しめることになるのですが…。
 さて、上巻は柴田勝家を滅ぼして大坂城築城に取り掛かったところで終わります。今後、枷が秀吉をいかに苦しめるのか期待しつつ下巻へと続く。

秀吉の枷 (上) Book 秀吉の枷 (上)

著者:加藤 廣
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 榎本秋『徹底図解 戦国時代』新星出版社 | トップページ | フルボニィーシャンプー »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/32201725

この記事へのトラックバック一覧です: 加藤廣『秀吉の枷(上)』日本経済新聞社:

« 榎本秋『徹底図解 戦国時代』新星出版社 | トップページ | フルボニィーシャンプー »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31